こちら豊島区池袋雑食課

江川達也のアバター

 とあるサイトバナーで、「江川達也のキャラデザインによるアバタ―」があるというのをを目にした。
それは「ジェンカ」というサイトで、タイプとしては「カフェスタ」や「mixi」などのコミュニティ系ポータルとでもいうのが近いか。「チャットしたりメッセージおくったりして仲良くしましょうよ」という名目なのだが、「相性占い・チャット招待(ツーショットチャット)も可能」とあるから早い話「ソッチ目的」も多いんだろうな。

で、江川デザインのアバターという話である。
反射的に口をついて出たのは「そんなもん誰が使うんだ」である。
実際にサイトをまじまじと見たわけではなく、内実や利用者の声をじかに聞いたわけではない、あくまでも私見であるのだが、瞬時にそう思ったのだからしょうがない。しょうがないが、ちょっと考察をして自分なりに理由を分析してみようと思う。すんません、ひまなんです。

 江川達也といえば「まじかるタルルートくん」「東京大学物語」が二大代表作とでもいうべきで、あとは「BE FREE!」「日露戦争物語」などがせいぜい思いつくところか。
氏は教員免許を持ち、実際一時教鞭を取っていたという経歴の持ち主であり、しばしば作風にも「理屈っぽさ」が顔を出す。
いや、むしろ本人のメディア露出ぶりや消化のされ具合を考えると、それも周知の了解を得ていると見てよい。
漫画家の文化人というフォルダでくくるなら「ノンポリの小林よしのり」ってな位置付けか。さもなくば「小難しい事を言うやくみつる」か。決して弘兼憲史ではないな。なんにせよ、妙にクドいんである。

氏の作品群を振り返って、キャラクターの特徴を考えると、体のデッサンが妙に生々しいが、意外と顔の描き分けは下手である。また、ファッション性やデザインワークについて特に実績や定評があるわけではない。やはり共通認識は「エロ」であろう。スピリッツで単行本一冊分「そればっかし」の連載をやっただけの事はある。山本直樹でもこうはいかねぇ。
 で、一方でアバターに求められるものを考えると、やはりこういうのは「単独のイラストレーションとして映えるか否か」にあるのではないかと思う。
 例えばこれが江口寿史であったり、今の旬で言うなら矢沢あいというオファーなら判りやすいと思うのだ。ポップで、ファッショナブルで、いまどきのコは要チェック! といったアピールがし易い。ソフトな絵柄で間口が広いと思う。訴求対象に対するアプローチが的確なわけだ。その両者といわずとも、数多ある候補の中からあえて江川達也に決定したのは一体何故なのか。経緯が見えてこない。
アバターに熱を入れる人というのは、自分そのものの再現度であったり、着せ替え人形的なお遊びの面白さを見出しているのだと思うが、そういった点で考えると江川氏のデザインはかなり厳しいのではないか。
独特のアクがあるように思えるし、汎用デザインとしては生々しすぎやしまいか。
"江川達也"をまとっている事は、「ただコミック調のかわいいキャラをアバターにしている」だけに留まらない"意味"がにじみ出てくる。
例えば鳥山明はアリでも大友克洋は濃くてダメだろうな、というボーダー。

江川氏のセンスが手放しで受けるかと言えば、「そこまでの支持を得ていない」し、
かといって汎用キャラとして用いるには「クセがありすぎる」のである。しかも選択の余地がないのよ。デフォルトで江川だもの。
潜在的需要が何にもないところへ強引にマーケットを開いたわけで、これは丁度、花田勝のNFL挑戦や例のパチスロ台に近い。つまり誰もそんなもの見たいと思っちゃないと思うんだがどうか。

まぁ、「特定のデザイナーによるアバター」というのはいい着眼点だと思う。
個人的には「あだち充アバター」とかも見てみたいが。女性のフレンドリスト全員同じ顔。あと「車田アバター」とかどうだ。でも「軟弱なモンはやらねェ!」とか吠えてバッサリ拒否されそうではあるが。
[PR]



by gesotoku | 2005-07-27 17:11 | 雑談・愚痴

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧