こちら豊島区池袋雑食課

物寂しい「ひかり町ラーメン名作座」

いつぞやの月曜夜、ひかり町へ寄って見た。
サンシャイン通り側から入ったのだが、こちら側の入り口はなんだか薄暗くて影が薄い。
ノボリもしょぼくれていて、夜の闇に消された印象でなんだか冴えない。
もっとも、賑やかな60階通りに到っても、ともすれば通り過ぎて気にもとめないような存在感でしかない。

顔もそうなら中身も、って事かは知らないけれども、横丁の小路を入ってそれぞれ店屋の窓をのぞきこんでみると、どこも「ポツ、ポツ、ポ」さもなくば「ガラ~ン」といった風情で、なんだかとても物悲しい。え、ここやってるの?と一瞬疑いたくなる外観だ。

ひかり町ラーメン名作座は、その名の通り昭和初期の名画座をイメージしたつくりになっている。多分に新横浜のラーメン博物館を意識したののだろうが、意図せずして、かくもホントに物寂しい、さびれた雰囲気になっているとは何という皮肉だろう。
 よくある物産展や「ラー博」のように、有名ラーメン店を集めて派手に仰々しくやればネームバリューとお祭り騒ぎの付加価値で、ある程度は客を呼び込むことが出来るだろう。でも、中の店はどれもまるで聞いたことの無い、少なくとも一般の方が「大勝軒」だの「すみれ」だのと列挙するような名店ラインナップには入っていない店ばかり。
「イベント」になりきれないとしても、それはそれでもよし。「日常の食事の、一選択肢」たりえれば何も言う事は無い。いや、ラーメンというものは、すべからくその程度のものだし、その程度のものであるべきではあるのだが。でも、そのような物であれば普通の人は隣りの390円ラーメンや食堂に足を向けるわけで。

 要するに、どこぞの店とも良く知らない、食べてもさほどの感銘も受けない、かといって毎日食べるにはちぃと高い、というわけで、こうなるともうどうしようもない話だ。

そういった踏ん切りの悪さが今日の寒々しい光景を生んでいるのではないかなぁと思うのだが。
[PR]



by gesotoku | 2005-11-14 13:49 | 池袋の話

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧