こちら豊島区池袋雑食課

エンタ? エンタメ?

またしても唐突ながら。略語の話。
エンターテインメントを「エンタメ」というのが、最近どうにも納得がいかない。
なんだ「エンタメ」って。略語は略語なんだろうが、何かしっくりこない。
言葉の新しさ、響き、それだけでは上手く説明できない何らかの違和感が残る。
この不自然さを突き詰めて考えてみると、だいたい次の点に集約される事がわかってきた。

1.発生がごく最近、かつ浸透しつつある。
いうまでもなく、「エンタメ」という言葉が発生したのはここ最近。
3年前後といったところか。

2.もともと略す必然性が薄い
会話で「エンターテインメント」を頻発する事態など殆ど無い。

従来のエンターテインメントが表現している、
「娯楽、大衆芸能」という意味合いであればとっくの昔に
「バラエティー」という敷衍しきった単語が存在している。
より厳密な意味で「興行、コンサート、出し物」というニュアンスが強い。

成程、少し解けてきた。
「コンサート、お笑いライブ、劇団公演、格闘技」という
括りを以って「エンターテインメント系」という事は妥当かもしれない。
なるほど、いずれも現在ウケの良いジャンルであるからそれらを総括した
概念としてより的確な言葉が必要になった、そういう事なのではないか。
でも、エンタ"メ"って。えらい所から飛んできたなぁ。

3.従来のカタカナ語の略語法則から逸脱している。
外来語、和製英語など、いわゆる横文字カタカナ語というのはだいたい
以下のような手法を元に略される場合が多い。

A:最初の語感を抽出する方法
例「セレブリティ=セレブ」「アマチュア=アマ」

B:語感が2ブロックに分割できる場合、各語頭を抽出して合成する方法
例「ロールプレイングゲーム=ロープレ」「ファミリーコンピューター=ファミコン」
「プレイステーション=プレステ」「ヤングマガジン=ヤンマガ」
「セクシャルハラスメント=セクハラ」

だいたいこの2パターンに集約される。
Aの例に倣って言えば「エンタ」「エンタテ」
後者のタ行を連続して発声することを考えると
前者エンタがより適格な例だ。

一見、「エンタメ」はB例のようにも感じられる。しかし
エンターテインメントは独立した一語である。
楽しませる、という意味の「Entertain」に接尾語「ment」が付いている。
フレンドシップのシップ、スターダムのダムに相当する。

かつて略語で「メント」の部分が使われた例はない。
アパートメントは「アパート」、
アポイントメントは「アポ」、
アサインメントは「アサイン」だし
セクシャル・ハラスメントは「セクハラ」だ。

メントを有する外来語は数多あるのだが、
略語にされた時にはメントは外されている場合がほとんどだ。

「アパトメ」「ハラスメ」とか言わない。
トリートメントを「トリトメ」というようなものである。
これが本当のとりとめのないお話、と売れない噺家みたいなオチをつけようかとも
思ったのだが、最後にもう一言だけ。

「定常ルールなんぞない、言葉は自然発生するもの。だからエンタメという例外があってもおかしくはない」
という考えも成程然り然り。
とはいえ、いきなりある日から皆揃って一様に同じ表現を使うわけがない。
誰かが使って、それに追随する形となるのが自然である。

では、最初に「エンタ"メ"」と言い出したのは誰だったのか。
この辺はネタが…もとい、更なる新事実が解明すれば続ける予定。

※みなさんのご協力をお待ちしております。
[PR]



by gesotoku | 2004-05-12 13:41 | 雑談・愚痴

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧