こちら豊島区池袋雑食課

現実世界のロボット格闘

ROBO-ONE

その昔、プラレス三四郎という傑作コミックがあった。
30cmサイズのロボットが操縦者の分身となってその意志を伝え、
世界のライバル達と苛烈な格闘技大会を勝ち抜いていくというものだ。

「ロボットを操縦し、戦う。」

小学生男子、いや、日本国男児たるものの魂が燃えあがり、
熱い血潮が渦巻く事ウケアイのシチュエーションである。
かくいう私も血糖値があがりっぱなしである。

かつては架空の、いわば「いいよなぁ。漫画だからなぁ」という空想物語であった。
それが今、いつか夢見たあの日の未来を再び追い求める。何と素晴らしい事か。

実はかくいう自分も、栄えある第1回大会を観戦しにいった事がある。
二年前のお台場・未来館で行われ、
その当時はさすがに上記条件の二足歩行すら苦労する有様、
「格闘」は二の次の、苦笑い半分の大会といえた。

が。あれから二年、大会は実に第五回を数え、レベルは急上昇を遂げていた。
重厚でしなやかなメタルボディ、二足歩行を難なくこなし、
伸び上がるアーム!ほとばしるキック!飛び出す必殺技!

中には、格闘そっちのけで
「飛行機形態に完全変形」
「瓦割り」
「っていうかどこから見てもガンダム」
「操縦者の動きとシンクロするマジンガー」
などといった高度なパフォーマンスが見られ、別の意味で観客の度肝を抜き、爆笑を誘った。

時代はここまで来ていたのか。
圧倒的な知性と技術。全ては浪費、戯言に過ぎない。
だが、それだからこそ良い。清清しく、色あせない少年の夢。
それが見る者の心をケッコウ揺り動かしちゃってくれるのだ。

…久しぶりに、ザクでも作ってみようか、と思い至った春の午後だった。
[PR]



by gesotoku | 2004-03-08 17:44 | 雑談・愚痴

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧