こちら豊島区池袋雑食課

カテゴリ:未分類( 27 )




ココログに移転します

表題のとおりですが、突然ながらココログに移転します。

エキサイトブログではじめてはや5年?ほど。

経済的状況や心境その他コンディションの変化、書くネタの枯渇(笑)、
などなど事由はあり、更新する手がビタッと止まってしまった。

いや、正直に言うと、
一番の理由は会社からエキサイトブログがフィルタ規制対象に
なっちまったことでして。

で、ココログは何故かOKという、よくわからないフィルタリングなんですが。

まぁこれからはこちらの新しい場でのんびり続けてみようと思います。

最近はあんまり池袋の話もできませんが、あえてタイトルも据え置きで。

http://gesotoku.cocolog-nifty.com/ikebukuro/
[PR]



by gesotoku | 2009-04-17 22:12

「ちびまる子ちゃん」が実写ドラマ化。

ニュース元 SANSPO.COM-芸能ニュースより

先日より各スポーツ紙、ニュース番組などでもちらほらお目見えしている話題でご存知の一家のキャスティングは既に発表されているようだが、
母親役は清水ミチコではなく、素直に渡辺えり子でよかったのではないか。素直て。
最大の課題は家族もさることながら、むしろクラスメートにあると思う。
たまちゃんは例の美山加恋だそうな。
これは似ている似ていないという事はあまり重きがおかれておらず、単に露出の大きかろう親友役にやはり芸達者な子役を持って充てた、という事なんだろうなと思う。

彼女は自分の商品価値や、どういう部分が受けているのかをハッキリ客観視できていて、なお「子役のうちに出来る演技」を「子役としてはやりすぎないように」きっちりこなす職人のようなやつである。実にストイックに媚びぬいている。"計算しているように見せない計算"をしていそうなタイプといえば賛同があるだろうか。

他のクラスメートも重要だ。
例えば花輪君、ブー太郎といったベタキャラは既存の学校ドラマ資産でいくらでもいそうなものだが、小3にしてはえらく老成した丸尾君や野口さん、偏屈で偏狭な永沢君(あの頭部はどうする)と哀れな藤木君といった「難物件」が立ちはだかる。さすがにこの辺りは、いわゆる「児童劇団で育まれた優秀な子役」では、いかにも任がきついのではないか。
原作は「ギャグマンガ」であるから、遠慮なく永沢だのブー太郎のバカさ加減に突っ込めていたものだが、考えても見れば連中はすべからく小3。生まれて9年ほどの子供である。それが実写ドラマになって、妙に生々しくなると大変だ。
「あはは、コイツ本当バカだなぁ」と斟酌不要で笑い飛ばせるか、自信が無い。オイオイマテよと、相手はいたいけな子役じゃぁないかと。そんな良心の呵責が巻き起こったらもうおしまいだ。台無し。

あの原作のシュールでアナ―キーなひねくれ者達を一体どこまでクローズアップ、ないしはフィーチャリング(するのか?)できるのかが、大いに注目な部分だ。
(いや、正直な話家族周辺のエピソードを一通り流して学校風景はたまちゃんだけ、って脚本も十分考えられるのだが)
[PR]



by gesotoku | 2006-01-19 10:10

たまには普通の日記

 京極夏彦の穴空きグローブには何の意味がこめられているのか知りたい。

 ごぶさたしておりました。私事ながら、ネットラジオの編集やらシステムリリースやらで、あまり表立って書くようなこともなく、せいぜいバイオハザード4をやっとこさクリアーした、程度のことくらいで。
たまに往来座いってみたり。ジュンク堂いってみたり、古書館いって講談社現代新書の品揃えに目を見張ったりして。本屋ばっかりか。
 で、こないだから気になっていた「新しい歴史教科書」市販本が手に入らない。実家の押し入れの奥底にはあるんだが、不意にまた手元において読み返してみたくなった。
で、ジュンク堂であらかた探してみたんだけど「新しい歴史教科書」って、実はいま絶版してるんだな。残念。
 amazonのマーケットプレイスでちょっとしたプレミアついているのを見ると、なんつうか実にしょうもない気分にさせられる。教科書だろ、教科書。
 もういっそ「国民の歴史」でも買ったろうか、とも思ったが手持ちの少なさに自分で驚いてしぶしぶ古本屋にて大崎裕史のラーメン本を購入。この人はあの有名な「東京のラーメン屋さん」の主催なわけだが、この人これでメシを食っているわけじゃないのね。本業がありながら休みのたんびに出かけてはラーメン三昧だとか。一体何に取り付かれているのか。
てなことを考えながらサンシャインB1マクドナルドのダブルペッパービーフをかじる。これ野菜入ってないのナ。肉肉チーズでどうにも単調な味。小5男子が思いつきでつくったような味。
[PR]



by gesotoku | 2005-07-25 10:47

池袋西口公園古本まつり

池袋で全国最大級の古本市

 青空に彩られた春の陽気の日曜日。ちょっと風が強い中、古本市をやっているというので午後から西口公園へ足を運んだ。
a0002735_846067.jpg

 最初はよくある物産展とか市民バザー程度の、小さいブースでぼちぼち本が売ってるくらいのもんだろうと軽く考えていたのだが、正直ナメていた。
 実際驚いた。かなり本格的な古本市だった。見渡す限りの古書テント。五十はあろうかという古本屋のブースが、西口公園の噴水広場をギッシリと取り囲んでいる。こりゃいぃねぇぇ~。
 これは元古本屋店主である高野区長の全面支援によるもので、神田や早稲田に匹敵する、全国規模の古本市だという。区長の趣味と実益(?)が掛かってるだけあって、かなり力が入っている模様。
 それじゃぁってんで、何気なく棚を巡り始めると、時々本部ブースの方からメガホンでアナウンスが響いているのに気がついた。
a0002735_846030.jpg

「写真図鑑で中南米の植物系ございましたらお願いします…」
「業務連絡です、手塚治虫全集をお持ちのご店主様…」

 最初は何だかわからなかったが、どうやら「尋ね本」をやっているらしい。
つまり、欲しい本を本部に尋ねるとブース中に問合せてくれるわけだ。成る程これは賢いし、演出としてもなかなかだと思う。
「古本まつり」ブース同士が一体となっているムードと、「人が探してくれるという温かみと面白さ」の相乗効果がある。
ともすれば陰気臭く押し黙ってしまいがちな古書市に、小気味の良い活気が生まれるなかなかの試みだ。
見て、探して、立ち去るだけじゃない、ってのはいいよな。

 で、実際の「品揃え」だが、実に三十万点とのこと。初版本、往年の雑誌バックナンバーなどは勿論、廃盤レコード、名画パンフの類も潤沢豊富で随時補充しているという。
 和太鼓のステージなども用意され、突発的な1回ものではなく、池袋のイベントとして根付かせたい思いをグッと感じる。
ちなみに今回は26日までの開催で、今後は年二回ほどの定期開催を狙っているという。
こういう事はどんどんやって頂きたい。継続がさらなるイベントムードの醸成に繋がる。
 何気なく手繰った棚から、目当てのモノを探り当てたひと時がたまらない。
勿論あてもなく面白い本を見つけるのも、古本屋巡りの醍醐味だ。
宝捜しの面白さが西口公園にギュッと詰まっている、まさに古書の祭典。俗っぽく言うなれば「古本祭2005 in IWGP」というやつである。
「古本の中の古本、出て来いャ」と区長が言ったか言わぬかはさておき、これはちょっと見直した。

a0002735_846056.jpg
個人的にはまずTASCHENの本がかなり揃っている事に驚き。東ドイツの広告デザインの本が妙に気になった。需要を作ってるなぁ。
 意外と多い料理関連本。柴田書店の本はやはり美しい。「和の食材」が欲しかったが持ち合わせが少なくて断念。
 物色した挙句、結局幻冬舎のおにぎりの本を購入。おにぎりがひたすら、百個くらい写真入りで載っているという謎の本。おにぎりと具の写真が載っているんだが、ノリ巻いてるようなやつは全部見た目が一緒。なんだこりゃ。
 美味しい握り方も巻末にツラツラ書いてはいるが、結論が「とにかくひたすら握り続ける事」っていうのが笑った。
 確かに仰る通りで、おにぎりだけに上手くまるめこまれてしまった気分。
[PR]



by gesotoku | 2005-04-25 08:45

池袋西口 ギトギト背脂ラーメン「環七 土佐っ子」

a0002735_1455277.jpg
ラーメンがブームだったひところ、「背脂チャッチャ系」というキーワードがあった。
最後の仕上げに刻んだ背油をチャッチャと散らす事でコクを出すという手法だ。
だが、この土佐っ子の場合は違う。「チャッチャ」どころではない脂の量。
「系」というより、もうそのものズバリ背脂オンリーに極めて近い。

スープ色自体は案外真っ当な醤油色なんだが、そこへ大量の背脂のミジンギリが混入されている。
そのおかげで豚骨醤油のごとく褐色に見えるんだから、実に豪快。凄絶な量と言わざるを得ない。
感覚としてはタピオカココナッツをタピオカを除けて飲むより無理に近い。
スープというより段々背脂を飲んでる感覚に襲われる、ガチンコ勝負のラーメンだ。

麺はノーマルストレートだが、それでもネットリスープがしっかり絡んでくる。
書いているだけで胸にこみあげてくるものがある。

体調がよければなかなかにウマいが、ここでは決して胃腸の弱い日に食べてはならない。
確実に消化器系がやられてしまう。
直前までのコンディション調整が必要だ。格闘技か。体調バロメータ系とでもいおうか。
これをペロッと食べてなお元気なら筋金入りの元気! そう100%元気。もうがんばるしかない。

住所 豊島区西池袋1-39-4
最寄り駅 池袋駅
アクセス 池袋駅西口から徒歩5分。西一番街中央通りから、トキワ通りに向かい、突き当り角。
定休日 不定休
営業時間 11:45~6:00
11:45~5:00(日)
席数 カウンター5席。テーブル20席

地図はこちら
[PR]



by gesotoku | 2005-04-13 15:12

池袋東武地下 ラーメン 縁や

a0002735_1753347.jpg


東武地下の「縁や」。

元々は札幌を本店とするラーメン屋。

元は建設会社の社長だったご主人。
ある日、車が事故って立ち往生している男性を札幌まで送ったところ、その男性がラーメン屋店長だった。
お礼にご馳走になったのがキッカケでラーメンに興味を持つようになり、その後建設会社をたたんで、すぐにラーメン店を開店。
そんな奇妙な御縁、だから「縁や」なんだそうな。

味は悪くない。いや、近辺のラーメン屋からいってもとっても美味しい部類。
ただ東武の地下って、全フロアが真横に貫通してなくって、
あたかも階段を縫うようにして上下しないと回れないという、何とも不便な作りなのだ。
そういう微妙な立地ゆえか、元々客はそんなに入ってなかったのだけど、こないだ入ったらいつもより席が埋まっている。
はて、なんだろうと思って食券を買いにカウンターへ(ここは前払い)行くと、

「いらっしゃいませぇ」

耳慣れないアニメ声が飛ぶ。あれっ「イラサマセ!」じゃないよ。
二十歳くらいの若い女性店員だ。

「ポイントカードはおもちですかぁ?」
「ぽいんとかーど?」
「はい、こういうカードなんですけどぉ…」

女性店員はなぜ潤んだ目で指し示す。あ、いや、ないです。ないです。

「はぁぃ。しつれいしましたぁ」

これだけでは終わらない。奴は更に畳み掛ける。

「スープが飛びますので、紙のエプロンお使いになりませんかぁ?」
「えっ?」
「いかがですかぁ?」
「…あっ、はぁ、ください」

……何故か貰ってしまった。

「ごゆっくりどーぞぉ」

この女性店員の、やや方向性を間違えた愛想の良さは一体なんだろう。

途中で小ライスを頼んだオッサンにまで、
「(クスクス)量、少なかったですかぁ?」
と小首をかしげるのは、いささかやり過ぎだろうと思うが。

まぁでも、ラーメン屋の女中(?)っつーと何を言っても、
「トニカクナイデス! アリマセン! アシタヤリマス!」と突っぱねられ、
店を出たら出たで無愛想に「アリガトゴザマシタ」というような連中が多い中、

「ありがとぉございました~!」

というのは新鮮なのは新鮮だった。雲間に光が射す心地。
元々店内に活気があんまり無かったのは確かだったから、
なるほど、客が増えているのも頷けなくは無い。というか、まんまとしてやられている気もするが。おれも含めて。

肝心のラーメンだが、今回は海老そば味噌を注文した。
炙った甘えびの頭をすりつぶしてスープベースにしており、それがなかなか香ばしい。
海老の甘味と、味噌の甘味、中太のストレートで歯ごたえのある麺がよく絡んでなかなかの味。


※写真は海老そば(味噌)

ラーメン 縁や

東京都豊島区西池袋1-1-25 
東武百貨店池袋店 プラザ館 地下2階

TEL/FAX 03-5950-7175
営業時間 月~土: 10:00~21:00
(ラストオーダー 20:30)
日: 10:00~20:00
(ラストオーダー 19:30)

備考 池袋店はスパイス12階よりプラザ館地下2階の11番地に移転しました。
[PR]



by gesotoku | 2005-04-12 17:53

レンタルルーム?

カラオケ店で睡眠薬飲ませ 40歳男逮捕

> 強盗婦女暴行:
> カラオケ店で睡眠薬飲ませ 40歳男逮捕
>  JR池袋駅で声を掛けた女性に、カラオケ店で睡眠薬を飲ませ性的暴行をするなどしたとして、警視庁捜査1課と池袋署は5日、豊島区駒込2、自営業、水呉(みずくれ)賢治容疑者(40)を強盗婦女暴行容疑で逮捕した。
>
>  調べでは、水呉容疑者は2月11日午後11時50分ごろ、JR池袋駅中央改札口付近でアルバイト店員の女性(25)に「飲みに行こうよ」と声を掛けた。駅前のカラオケ店に連れ込んで睡眠薬を混ぜた酒を飲ませ、現金約1万2500円などが入ったショルダーバッグを奪ったうえ、性的暴行をした疑い。女性は殴られ、全身打撲などで約2週間のけがを負った。
>
>  3月下旬にはレンタルルームで女性が意識不明で見つかるなど、同駅周辺では同様の事件が複数起きており、同課は関連を調べている。【長谷川豊】


金曜夜12時近く 地方の終電がなくなった頃合か。
それにしても、暴行した挙句全身打撲って酷い話だよ。
こういう"反則"をされると我々健全たる池袋男性がとても、実に、色々な意味あいで、迷惑を被るのでやめてもらいたい。

遊び方を知らないガキは即刻出て行け。

で、レンタルルームってこのニュース見るまで本当に「仮眠室みたいなもの」だと思っていた俺だった。
カプセルホテルとレンタルオフィスの中間ぐらいに思っていたんだけど、どうもこれってカップルとかでも入れるのな。
何の事は無い、これじゃカプセルラブホじゃないか。

黙認なのか、そもそもソッチメインなのかはよく判らないが、どうなんだろう。
うーむ。
俺も半端に遠出した時とか、レンタルルームで本当に「休憩だけ」「仮眠だけ」したい時とかあるので、
なんか「その手の利用」と上手く区別して欲しいんだがなぁ。

寝てる時に隣の壁から変な声とか聞こえないよねぇ??
[PR]



by gesotoku | 2005-04-11 09:52

紛らわしい会社名

架空請求
『JR東、JAL装い融資勧誘=ロゴ酷似、新幹線も-全国にはがき、注意呼び掛け

 日本航空やJR東日本の関連会社を装い、ローンを勧誘する新手の広告はがきが、各地に送り付けられていることが22日、分かった。具体的な被害は確認されていないが、両社はホームページで「一切関係ない団体」などと注意を呼び掛け、商標法や不正競争防止法違反の疑いがあるとして警視庁に相談している。』

豊島区のペンシルビルの片隅とかにもゴロゴロしてそうだな、この手合いは。
件の会社は、JR東日本の関連企業を装っていたわけだが、
こんなアカラサマなのはともかく、似たようなモノは実際結構あるもんだ。

固有名詞がバッチリ出ているのはさすがにブラックではある、ゆえに
「誤聞を誘う企業名」「関連企業を想起させる企業名」ってのもあってね。
そういう所は、もうミスリードしてくれるに越した事は無い、
という大小なりの悪意があるわけだ。

札幌でのフリーター時代、面接した所で"エスイーシー"という所があって、
面接は「コンピュータ商品関連の営業。基本は内勤」という字面だけを
読み上げるだけのほぼ簡素なもの。
今考えればこんな杜撰な面接もねーだろってくらいの。
明日から来いといわれてホイホイ行ってしまったおれも大概だった。

フタを明けてみたら内職&教材商法。
CDにテキストブック少々で60万円くらいのローンを組ませられてしまう、という手口だ。

オフィスには粗末な机と電話しかない。
で、どっから入手したのか分らない、「昼間に在宅しているであろう主婦リスト」
がドンと渡されて上から順番にひたすら電話しろ、ってそういう仕事だったわけだ。
さすがになんぼなんでもビックリしてその日のうちに電話して辞めた。
一応その日だけは言われる通りに仕事したけど、あれは面白かった。
勿論別の意味でね。

「ッざけんじゃねぇっての! だ-から! あーそうだよ! うちはNECじゃねぇよ! わかってるよそんなこたァ! ァァア?!」

昼からしぶとく何度も何度も交渉しつづけ、結局口論になって電話を叩き付けた女性社員が、それはもうとてもとても悪印象で素敵だった。
[PR]



by gesotoku | 2005-01-24 15:28

トゲ?(その2)

前回の経緯・まずはこちらからお読みください

(つづき)
とりあえず病院にいこうと決めたまではよいが、俺も得体の知れない状況には
ぐいぐい弱気になれるもので、

「もし途中で折れたトゲだったとしたら、俺は何かの拍子(洗い物とか、風呂掃除だとか)でいつのまにか、結構な長さのトゲが今まで刺さってたって事でグェー」

「もしトゲが自然発生的な物体で、このまま俺の養分すって大きくなって
爪とか突き破ったらキァー」

とかなんとか、とりあえず色々恐ろしげな妄想が頭を駆け巡ったが
詮方なし。取りあえず回りに聞いてみる事にした。

オレのいる出向先には診療所があるらしい。会社の人に電話してもらった。そして一言、
「出向の人はだめみたい…」
なんと融通の訊かないことか。

しょうがないってんで、ネットで検索。調べた結果、駅前に大学病院が一軒ある事を突き止め、夕方の診療受付に合わせ、若干の早退をした。

夕方の診療は人が居なくて暇なのか、看護婦もコントみたいにダラダラしていた。
俺が受付で「あ、これは整形外科ですね」と言われた時、プッと吹き出していた女だ。
その笑いの意味はよく判らんが、俺の気分はちょっと悪くなった。

しばしして奥へ通されると、医者は意外と若かった。大学病院・夜間の診療という事を考えれば、インターンかな? ちょっと頼りなげな感じの優男。

そしてかくかくしかじかと病状(?)を説明する、まぁすんなり納得できない様子で
しきりに指を観察しはじめる。

そんなこんながあって、やがてちょっと高級な林檎を包むような、ネット状の包装紙が用意された。
「ここに手、おいて」
どうもガーゼだったらしい。しかし、デスクに無造作に置かれたガーゼに果たしてどんな意味があるのか。

金工細工、もしくはプラモデルなどで使うバイスをご存知だろうか。あの、ドリル状になっていて、キリキリ回すことで小さい穴をあける工具である。
医者がおれの手を抱え込むようにつかむ。
そして、かなり太目(遠目にも穴が空いている事がはっきり確認できる)の注射針のようなモノをを取り出したかと思うや、それをバイスよろしく俺の爪につきたてるではないか。

「!?」

きりきりきり

「イタっ!」

医者は、「あれぇ」といった表情を浮かべて、さすがに動作を一瞬止めた。
が、床屋が耳を挿んじゃった程度の反応で、すぐ何事もなくきりきりを再開した。

きりきりきり

「…うごぇっ」

かすかな怒りを押さえて(やっぱし先生だからさ)、おれは静かに恐る恐る尋ねた。
「こ、これはいったい何をする物なんですかね」

「爪にね、穴をあけるんです」

きりきりきり

僅かな一点から強烈な痛みがほとばしる。脂汗が浮かぶ俺を見てか、医者はボソッと話しかけてきた。

「ドアに手を挿めた子供とか、血豆ができて爪が浮いてしまってる場合にやるんですけどね。薄く穴をあけるだけなんで普通は痛くないんですけどねぇ」

俺はドアに手を挿んだ子供でもないし、爪の下に豆が出来てしまったわけでもない。
普通は、ということだからおれはきっと普通じゃないんだ。ぶつぶつ。

「ちょっと我慢しててねー」

ちょっと我慢すればいいそうだ。ちょっとってどれくらいだ?時間か?痛みの度合いか?ちょっとを我慢することでトゲは取れるのか?もうトゲはいいからこの痛みなんとかならんのか。そもそもなんだって週末の夜に俺はこんなところでうつむいて踏ん張って悩み果てねばならんのか。ウーンウーン。

「あれえ」

スーッと音を立てるように血の気が引いていく、脂汗がえらく冷たく感じる。
なんだか吐き気がしてたまらない。あれ、あれ、なんだこれ。
とウンウンいってる間に脇から看護婦がニュッとでてきてシュッと血圧を測りだす。

「あー、貧血ですね。」

どうも痛みのあまり、貧血を起こしたらしい。案外だらしないな、俺。
しかし、なんだって爪イッコでこんな事に…。

(つづく)
[PR]



by gesotoku | 2004-11-11 17:28

テツトモが池袋東武で「冬ソナ」ライブ

テツトモ、“冬ソナ”主題歌カバー…発売記念ライブ

『人気お笑いコンビ、テツandトモが18日、韓国ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」の日本語カバー曲を発売し、東京・池袋の東武百貨店で記念ライブを行った。』(記事:サンスポ)

冬のソナタ・韓流ブームと本格的に言われて久しい。

と、冒頭文から天声人語的になってしまって申し訳ないくらい、
昨今のどさくさぶりには閉口を禁じえない。

こないだとあるクイズ番組で、本編とはまるで関係の無い
「冬ソナ・日本国内未公開映像」が途中から10分弱延々流された時はさすがに
「おい!?バール持ってこいヨ!?(ビキッ)」(特攻の拓)
となりかけた。それくらい今の日本国内テレビ事情は熱に浮されている。
私もうなされている。

で、テレビを離れても有線やコンビニ放送、パチンコ屋等々でイヤンなるくらい
主題歌「最初から今まで」がかかってるわけだが、よせばいいのに
それに輪をかけて「主題歌のカヴァー」が続々リリースラッシュが続いている。
今回のテツトモも雨後の筍なわけで、先週放送の「うたばん」でも
「新ネタ」としてお披露目していたのだが、
"無駄に歌が上手い"ゆえに思いっきり微妙なリアクションだった。
ネタにしたいのかマジにしたいのか、受け手が判らず、
かといってどっちにも着地出来ないこの中途半端さが悲劇。
(※猿岩石もそういう意味では「無駄に歌が上手かったお笑いコンビ」で共通するが、
茶の間の彼らへの見方・消費法は既に「ヒッチハイクの余韻」「爽やかさ」で通っていたのでこの例とは微妙に異なる)

しかし、上記サンスポの記事を見て思ったのだが、
ポリスターは本格ブーム到来以前・平成15年に連続二曲リリースしている。(日本での初回放送は平成15年4月)
かつ、「やしきたかじん」の起用。(この場合起用というべきなのかどうか)
「ポリスターに先見の明があるのか、
単純に商人根性ですぐさまガっついただけなのか。
どうも後者くさいな。ようわからんが面白い。

ちなみに元祖フォークデュオのビリーバンバンもカバーしているが、
こちらは2004/8/4リリース。思いっきり後乗せサクサクである。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-03 14:18

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧