こちら豊島区池袋雑食課

カテゴリ:グルメ( 54 )




千駄木 『かつ亭みさき』カツカレー 千円

a0002735_1744829.jpg

最近、長めの散歩で東池袋の自宅まで帰ってくる、というのが目下の趣味である。
この日は都電荒川線で三ノ輪橋まで珈琲『ぱぱ・のえる』のジャーマンブレンドを買いに出掛けたのだが、買い終わるとさていよいよやることがなくなった。

そこで、いっちょこっから歩いて池袋まで帰ってみようとチャレンジを決意。
しばらくあるくと西日暮里を超えて、駒込病院の向かいあたりの坂の上に来たところで昼食をとることにした。
こんなところにひょっこりトンカツ屋があるとは。なかなかひなびた(笑)店構えで心惹かれたので入ってみた。

とんかつ屋のランチメニューてのは初めてだが、どれも美味しそう。
はさみ揚げやらロースカツなどの定食などもあったのだが、ここはあえてカツカレーを頼んでみる事に。

肉はあくまで適度に柔らかく、程よくムチッとした弾力で噛み心地がよい。
カレーは手作りっぽい味だけどこれがなかなかに濃厚で美味しい。
ごはんも見た目よりボリュームがあってグッド。結構お腹が膨れた。

ここも池袋ではないけど、一応お店の情報をのせておきます。

かつ亭みさき
http://www.pluto.dti.ne.jp/~misaki1/katu/

文京区千駄木5-49-1
休み 水曜・年末年始
営業時間 11:30~14:00(※ランチタイム) 17:00~22:00
[PR]



by gesotoku | 2008-09-03 17:04 | グルメ

もうやんのポークカレー+玉子乗せ

a0002735_1123468.jpg

たまあにいくんだけど、何度行っても味が落ちないな

いやあウマいなあ

毎度ながら最高だ

ちょっとお高め(基本的にもうやんのカレーはみんな千円オーバー)なのが玉にきずなんだけど、味的には納得しちゃうんだよな。ギュッとつまった野菜の甘みとスープのコクがスバラシイー

ただ、このルウが濃厚すぎて明らかにライスの量が足りてないんだよね。
かといってライス多くするのも何だか腹にきついし。

八分盛りというのも出来るがそれだとえらくチンマリして物足りないし…
ルウ少な目・ライス多めなんて微妙な融通がきけばいいけど、値段変わらないならもったいないしなぁ…

ウマいんだけど。
[PR]



by gesotoku | 2008-08-08 11:02 | グルメ

阿佐ヶ谷 『馬鹿豚や』 とんこつラーメン

ムズムズと急な衝動が押しよせ、九州系とんこつラーメンが食べたくなるときがある。
近所では大塚駅北口の『ぼたん』が専ら自分の中での定番である。
目下一押し、というやつで人に「豚骨でオススメは?」と聞かれたときは、
だいたいそこを薦めている。

しかしある日、知人に「私向け」のキョーレツなラーメンがあるという情報を受けて、
週末に東西線で足を延ばしてみたところ『ぼたん』にも劣らぬ、
そしてある意味ではそこを凌駕するラーメン店に出会った。

阿佐ヶ谷の『馬鹿豚や』である。ばかぶたや、と読む。
……ラーメンの味そのものなのか、はたまた、おれの見た目と店名を照らし合わせての判断
なのかはともかく、曰わく「gesotokuにふさわしい」とのこと。さよけ。
店は阿佐ヶ谷を北口に出てまっすぐ10分ほど歩いたところにある。

a0002735_23543514.jpg

ラーメンは正統ノーマルの「とんこつラーメン」のほか、
背脂がたっぷり入った「こってりラーメン」もある。ちなみに替え玉は100円ナリ。
麺の固さは粉落とし、ハリガネ、バリカタ、かため、ふつう、やわめから選べる。

スープの味は塩と醤油の二種類があるとのこと。へえ、この手のラーメンじゃ珍しいな。
とりあえず今回はプレーンな(?)塩をチョイスしてみた。
鼻腔をくすぐる、いや、突き刺すかのような強烈なブタスメル。
これだ! こういうラーメンがおれはたまらなく好きなんである。
獣臭さの残ったワイルドなスープ。しかしそれだけに紅しょうがが大変によく合う。
「完熟3度焚き」という謳い文句のとおり、絞りつくした豚骨のエキスが絶品である。

a0002735_2354362.jpg

サイドメニューも色々ある。ちょっと珍しい感じの味玉くずしご飯を頼んでみた。
トロッとした黄身と甘しょっぱいタレが抜群にあう。これおいしいなぁ。

a0002735_23543647.jpg

すっかり満足して店を出て、ふと目を留めるとこんな能書きが店外の壁に貼ってあった。
店の人の愛想も良かったし、なかなかユニークな店だった。今度またこよう!


住所〒166-0001 東京都杉並区杉並区阿佐ヶ谷北4-4-8
電話番号03-3339-8878
営業時間11:30~15:00 18:00~24:00 
年中無休
[PR]



by gesotoku | 2008-07-07 20:46 | グルメ

西川口 「ラーメンHOUSEリュウビ」

一部知人周辺にはご存知の事ながら、筆者はかなり三国志ファンである。

とくに、ナムコがむかし出していたファミコン版の三国志が妙に好きで、
ナムコ三国志のTシャツがネットショップで売っているとの情報(外部リンク)をゲットして興奮していたのだが、おれがみつけた時点ですでに完売していた。

なんだ残念だなぁ……このモヤモヤをひきずりながら適当に三国志ワードで検索していたところ、
なんとラーメン屋に「リュウビ」という店があるとの情報をキャッチ。

場所は西川口。これはいくしかない。
というわけで、何の前情報もあえて持たず早速行ってみる事にした。はい、お察しのとおりガチガチの暇人です。
埼京線で赤羽経由、京浜東北線に乗り換え、電車に揺られる事しばし。

a0002735_2232441.jpg

おお、あった! これだ!

a0002735_2232529.jpg

そして良く見ると店の窓にはしっかりと「劉備」の文字が。
言い逃れの余地なく、間違いなく三国志由来だ。
しかも有限会社なのね。

a0002735_223252.jpg

残念ながら中に武将は居なかった。入った瞬間にドラがジャーンジャーン鳴って
孔明の伏兵が両脇から飛び出してくる事も無かった。ふむう。
そのかわりやけに愛想と元気のよいメガネのおいちゃんがひとり。
孤軍奮闘というほど忙しそうでもなく、手際よくラーメンが出てきた。

a0002735_2232433.jpg

ちなみにラーメンは醤油・塩・味噌が一律550円。安い!
看板の雰囲気からなんとなくそれっぽかったのだが、
いわゆる「ラーメンショップ」系統の味。具はわかめ、メンマ、ノリ、チャーシュー。
豚骨ベースで、わずかに柔らかめの麺というところも共通する。違うのは丼の一面びっしり
の背脂。といってもスープはむしろアッサリ目でスッと飲めちゃう。
備え付けのトウバンジャンをガンガン入れるか、ネギラーメンにすることを勧めたい。

a0002735_2232485.jpg

こっちはセットメニューの「とんキム丼」。豚キム丼ではないのね。
食べてみるとゴマ油の風味とチャーシューとキムチの相性が抜群。
そしてライス自体が存外に旨い。

物凄くおいしい!ということもないけど、近所にあったらきっと通ってるだろうなぁ。
店内を見渡してみたけど横山光輝三国志はなかった。
名前以外は三国志を感じさせるものは無く、「有限会社リュウビ」の謎は深まるばかりだった。

ラーメンHOUSE リュウビ

埼玉県川口市西川口2-10-24
電話番号048-254-8800
営業時間11:30~深夜4時
[PR]



by gesotoku | 2008-06-22 14:57 | グルメ

富士そば 冷やし肉富士(そば)

a0002735_1058768.jpg

これうまいよ。
豆板醤のがすこしかかってて豚肉と温泉玉子に合う。

490円という値段は少し高めの気がしないでもないが。

もちろんそばもなかなかうまい。
[PR]



by gesotoku | 2008-06-03 10:58 | グルメ

池袋東口『もうやんカレー』皮付き豚角煮カレー

a0002735_20353693.jpg

西新宿で名を馳せた異色のカレー店が池袋にコッソリやってきた。
店へと続く地下への階段を下りると、新しい木の匂いが残る、ザックリとした木造りの内装が広がる。ところどころにあるミョー物体と独特のヘタ字ポスターが若干妙な雰囲気をかもし出しており、若干の場違い感を腹に秘めてメニューに目を落とす。

ということで今回は豚角煮カレーを注文。1450円なり。若干値段が高めかな……とも思ったのだが、
出てきたモノを見てこりゃ充分に相応と悟った。

まずなんといっても基本的にボリュームが凄い。普通盛りでライスが350グラムある。女性の方は八分盛り(200グラム・マイナス150円)にしてもらうのがいいとおもわれる。

カレーソースがバカウマ。
サジでソースをすくって一口した感想は、アマジョッパカラスッパ@☆%…! という感じ。
スパイスの風味とスープのコクとフルーツの甘み酸味がホギャーって感じ。

ポスターに書いてた蘊蓄に曰く、
「もうやんカレーのカレーソースは作ってからお客様の口に入るまで約2週間じっくり煮込んで、じっくりねかせた本物のカレーソースです。カレーソースの中にほとんど溶けているのでわかりませんが、玉ねぎ・人参・セロリ・りんご・バナナ・トマト・ニンニクなど野菜をふんだんに使いました。玉ねぎだけでも1食あたり1個分というものすごい栄養価!さらに漢方としてそのまま使えるスパイスを23~26種類、日本の気候に合わせてブレンドいたしました。これらをコラーゲンたっぷりの牛と豚のフォン(だし汁)でのばしました」
とのこと。
そもそも2週間煮込むってどないやねん。これだけ色んな旨味が凝縮してるのもむべなるかな。

カラさも1~10段階まで指定できる。ちなみに今回は「4」でやってみたが、中辛~辛口といったところ。食べられないほど辛からず、適度に刺激的で良い。

角煮は皮がプルプル! 噛むと豚肉の風味が生きたワイルドな味わい。そのへんの中華でもちょっと食べられないようなお肉だすよ。

もうやんカレー池(池袋店)
住所 東京都豊島区東池袋1-28-3 市川ビルB1
電話&FAX:03-6909-3398

営業時間 昼11時30分~15時(L.O.14時30分)/夜18時00分~23時30分(L.O.22時30分)

お店のページはこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-07-26 07:37 | グルメ

オリエンタルカレーダイナー池袋店

サンシャインシティ・アルタのレストラン街に「オリエンタルカレーダイナー」がある。「オリエンタルカレー」は名古屋発祥のレトルトカレー。「ハヤシもあるでよ!」のCMの会社、と聞けばアァと思い当たる人は多いのではなかろうか。世代はバレるが。「ダイナー」はその直営カレースタンドである。

うーん、出てくるのもレトルトカレーなんだろうか? と最初は思っていた。この手の店ってのは味も一律で、せいぜいトッピングがちょこちょこあるだけ、とかなんだろうなぁ……とあまり期待していなかったのだが、どうもそうではないらしい事に気づく。

a0002735_20382153.jpg

いわゆるスタンダードっぽいカレーは「オリエンタル」「チキン」「ポーク」「ビーフ」なのだが、
一律ではなく各々ちゃんと独自の辛さ・味付けになっているらしい。
そのほかもなかなかに本格的な、手の込んだメニューがちょこちょこ目立つ。
中でも「牛すじ黒カレー」というのが非常にユニークだったので、今回はそれを注文してみた。
真っ黒なカレーソースに長ネギがトッピングされている。刻みネギと牛スジってぇと煮込みとカレーを食べてるような気分にさせられるが…。あんまりにもメニューの写真が真っ黒だったので、せめてものでチーズをトッピングしてみた。

で、食べての感想。量的に見た目は軽めなんだけども、結構ボリュームを感じる。
カレールウもなかなか!イカ墨のコクと牛筋のコクがじんわり濃厚で、レトルトカレー屋という先入観がバギャ~ンと裏切られた。いや、うまいよコレ。

a0002735_20382281.jpg


なお、カレーを頼むと必ず「チャツネ」がつく。コレを見逃してはならない。
「二種類のチャツネをお好みで入れて、お客様オリジナルの味をつくりましょう!」
というようなことらしい。フルーティチャツネ、スパイシーチャツネの二種類。
ちょっとずつ混ぜながら食べると味の変化を楽しめられ、飽きずに食べられてこれも面白い。

営業時間 11:00~20:00
〒171-0014
東京都豊島区東池袋3丁目1-3サンシャインシティアルタ B1
TEL:03-5985-1360

詳細はこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-06-18 08:54 | グルメ

サンシャインシティにリンガーハット出店

サンシャインシティALTAのB1に「リンガーハット」が出来ていた。

たまにテレビCMで見るたびに「あー、ちゃんぽんもいいな。くいてぇな」と
思うんだが、微妙にうちの近隣地帯にはリンガーハットが存在せず、
最寄りの店となると高田馬場までテクテク行かないといけない。
そりゃ実に面倒臭い。そこまでして行くものでもないし。
そんな風に火種が起き掛けては立ち消えていたわけで、
これは地味にちょっとうれしいことなのである。
営業マン時代に竹ノ塚だったか梅島だったかで食べて以来だから、
実にもう5年ぶりくらいに食べる事になる。なんだかんだで結構なご無沙汰である。

店は「丸亀製麺」の向かいで以前にはサンドイッチカフェがあったところ。
今回はちゃんぽんとミニサイズのレタスチャーハンのセットを頼んだ。
さすがにちゃんぽん店(?)だけあって、頼むやいなやにちゃんぽんが出てきた。
「その他セットメニューは順次お作りしておりますので、もう少々お待ちください」
とのこと。

まぁ全部揃うのを待って麺がノビるのもなんだし、とりあえず手を付ける事にした。
いや、なかなか美味しい。チェーンとなめてかかってはいけない味だ。
値段を考えると野菜もたっぷりでリーズナブルといえる。
とかナントカいいながら手持ち無沙汰の口寂しさに任せて食べていると、
いつしかドンブリが空っぽに。すっかり全部平らげてしまった。
あぁ、くったくったー。ごちそうさ……って!オイ!?
そういやレタスチャーハンどうなった?!
それから4~5分して、ようやっとレタスチャーハンのあんちくしょうが訪れた。
するってぇと何かい?今のちゃんぽんってぇのは前菜かえ?どんなフルコースやねん。

コレを例えるなら、ラーメン食べ終わった後にようやっとライスが来るのようなもの。
本来的な意味で、ラーメンライスは「ラーメン&ライス」であるべきもののはずである。
一緒に、シンクロに、同時期に、ダブルで、であるからこその付加価値であり、オトク感ではないか。

これでは「ラーメン。そしてライス」だ。「そして神戸」のそしてである。泣いてどうなるのか。
飛鳥の歌を聞いてからもう一度チャゲのコーラス部だけお楽しみください、というに等しい。
そんな馬鹿なことがあるだろうか。ミュージックフェアでもそんな無茶はしない。

……結局言いたい事は、
「ちゃんぽんとチャーハンを同時に楽しめる!」事は喜びであるはずなのに、
「ちゃんぽん食べきって、落ち着いてから出てくるチャーハンはむしろうっすらキツい」っつーことだな。
こういうのも朝三暮四というのかな?
[PR]



by gesotoku | 2006-10-05 14:25 | グルメ

東京で「ホンモノ」の沖縄そばを・幻の「ソーキすば」は必食!

ちょっとこないだの話。
代田橋にある和泉明店街、別名「沖縄タウン」に寄る機会があったので、
夕食は「おきなわすば専門店 首里製麺 」で久々にソーキそばを御馳走になる。
店主は元来大の沖縄ファンとのこと。
曰く、
「笑顔のかわいい沖縄おばぁのつくる、日本一あったかい味のおきなわすば」
に恋焦がれ、以来沖縄と東京を行き来し、二年越しでようやく完成させた味だとか。
a0002735_12503100.jpg

長時間に込んでダシたっぷりの優しいスープ。
これに島とうがらしをちょっぴりだけふりまぜ、ズッと一口。
コクは満点で飲み口はあくまでスッキリ。
そして麺もすかさずひとすすり。適度にコシがあって何とも心地よい。

トッピングの具も侮れるなかれ。心憎い配慮がたっぷり。
程よく塩味が利いてプリプリっとしたもずくや、
ひとかみ毎に味が出る絶品のカマボコもたまらないのだが、
でもなんといってもやっぱりオススメはソーキ。
とことんまで柔らかく煮込んだ豚肉を、
最後に軽く炙っており、無駄な油をそぎおとして、
かつ香ばしさを与えていて飽きさせない。
肉の繊維がホロリととろけ、舌の上で味が染み渡る快感。

具の一つ一つが実にきめこまやかな仕事が施されている。
他所の同業店じゃなかなかやらないような点にまで、丁寧な配慮が行き届いている。
手を抜こうと思えばいくらでもぬけようものだが、そこは店主のお人柄。
肉付きの良い体格に愛敬の良い笑顔を浮かべ、毎日奮戦中。
一生懸命真心込めた、絶品の一杯に仕上がっている。

東京都杉並区和泉1-3-16
営業時間 11:30~16:00/19:00~23:30L.O
土日祝日のみ11:30~23:30L.O
定休日 月曜日・第3火曜日

詳しくはこちらから>>「首里製麺-沖縄ショップ-商店街」
[PR]



by gesotoku | 2006-07-18 12:46 | グルメ

Cafe La Fortuna(カフェ・ラ・フォルトゥーナ)

Cafe La Fortuna/ホットペッパー.jp

a0002735_12522926.jpg


ジュンク堂書店裏のひっそりカフェ。時々ここに入ってゆっくりと本を読む。
といっても、どっちかというと買い込んだ本の紙袋をバリバリと開け、
ゆっくりと釣果を確認、というのがより事実に即しているのだが。

裏通りの微妙な街角にあって、素朴ながらに存在感を示している。
ドリンクもフードもカウンター前払いシステム。
数年前に全面改装した際にイタリアインテリアで統一しており、
落ち着き度はまぁまぁのまぁといったところ。
[PR]



by gesotoku | 2006-07-13 12:55 | グルメ

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧