こちら豊島区池袋雑食課

カテゴリ:池袋ラーメン戦記( 74 )




最強のコストパフォーマンス 茗荷谷 『新発田ラーメン 蔦家』

a0002735_17435991.jpg

東池袋から護国寺に進み、さらに不忍通りを直進、ただひたすら直進すると
やがて右手に真っ赤な看板が見える。

清潔感は正直あまりない。やってるかどうかは誰にも分からない。
営業時間も定休日も微妙に不明という謎のラーメン屋である。
新発田ラーメンと名が付いてはいるが、新発田(新潟の地域名)には
このようなラーメンはないという。蔦家と名は付いていて、例の青みがかった丼ながら
家系でもないという。なんともはや。

だがこれがいい。ガツンとくる豚の臭いが店内に充満している。
ラーメンは420円という安さ。味は豚骨の香りぷんぷんな醤油一種類のみ。
ネギラーメンが700円しないんですよ奥さん!(正確な値段は忘れたが、確かに650円くらい)
タップリのネギと、細切れチャーシュー(この辺も家系っぽいんだけどなぁ)がイイ!
そして味玉までついてる。やや保温しすぎてアレなライスと一緒に食べるこの幸福感よ。

しかしここは本当に21世紀をこした日本国なのだろうか。
タガかネジか、何かが外れたようにハイテンションで明るい、
でもどこかくたびれた(失礼!しかし逆に褒め言葉)ご主人。うむ、好きだ。
この店全体が織り成している、なんともいえない風情がたまらない。もっと近ければいいのに。

「洗練」とは本当に、まったくもって無縁だが、クセになる味なのは間違いない。
麺は中くらいの太さでズルズルいける。何故かはわからんが、ちょっとのびるのが早いかな?

新発田ラーメン 蔦家
住所東京都文京区大塚3-24-4(最寄り駅は茗荷谷が近いです)
営業時間???
定休???
[PR]



by gesotoku | 2008-10-01 22:41 | 池袋ラーメン戦記

福しん 満漢全席

――もしおまえが、この先、社会と言う名の荒波に出て、
そしていつか、区役所横あたりの福しんにて飲む生ビールの味に目覚める日が来るだろう。
そうしたら先生はおまえにこう言うだろう―それが、オヤジ化だ。どうもこんばんはgesotokuです。
a0002735_85077.jpg

いやあ~、いまさらながら生ビールが美味しい季節ですな。
この、ウンパイロウ(ゆで豚に辛味ダレがけただけのやつ)がなかなかオツなんだよ。
何せこれで150円ってのがいいね。ヘリでやってきた落合信彦でもこの一杯の味わいばかりはわかるめえな。
a0002735_850746.jpg

マーボー豆腐は最近隆盛しつつある山椒の効いた本格的なやつでななく、古典的・家庭的・もっといえば丸美屋甘口的な味付け。これはこれでアリだよなとは思うが、こちらはちいと物足りないな。福しんの偉い人、これ見てたら改善を検討して下さい。
a0002735_850725.jpg

あと、最近? 出来た海老ソバ。これバカ旨! とろみのついた塩味スープで、
往年のカネボウ広東麺に迫る味わい。迫る側か。
[PR]



by gesotoku | 2008-09-04 08:50 | 池袋ラーメン戦記

黒ナベにつけ麺が

a0002735_002989.jpg

東池袋駅すぐそばのラーメン屋「焼豚ソバ黒ナベ」に新メニューとしてつけ麺が登場していた。

つけダレだが元々がしょっぱいスープのラーメンだということもあり、塩辛さは殆ど変わらない。その代わりわずかに酸味がする。 麺はラーメンの太麺に代わり平打ち麺になっている。ツルツルシャッキリとしてなかなかのお味。切り身のチャーシューをつけダレに入れながら食べるスタイルだが、個人的にはこんなにたくさんの肉はいらないかな。

今回注文したのは並サイズ。麺300グラムで800円とやや高めだが、まあこんなもんかなぁ。結構美味しかったしな。
なお今回は半熟卵100円をトッピングしてみた。味付きではないが麺と絡めてチャーシューと一緒にかっこむとなかなか格別だった。
[PR]



by gesotoku | 2008-08-21 00:00 | 池袋ラーメン戦記

新・東池袋大勝軒

a0002735_15204431.jpg

昨日の午後六時頃に東池袋大勝軒で早めの夕食をとった。
開店当初は行列がひどくて、しかも夕方早々に閉店していたので入る余地も機会もなかなか無かったんだが、最近営業時間を延長したらしく仕事帰りの時間でもまだ明かりがついており、あの異様な行列もなくなっている。というわけで実に久しぶりの「東池袋大勝軒」である。
元祖つけめんの店ではあるが、この日は長雨でえらく寒かったということもありラーメンにする。ゆで卵をつけて750円。

入り口外の券売機で食券を買って中に入ると席もまずまず空いている。後ろの行列に追われて食べるラーメンなんてのも嫌だからなぁ…なんて悠然と待っていること数分でラーメンがくる。

おう、これこれ。
魚ブシの風味がほんのり漂う、ネットリとした醤油スープ。
すするといつものよりもややしょっぱい気がする。この揺らぎというか若干の不安定さも含めて、もはや伝統的な味わい(旨さ、ではなく歴史的な意味で)なんかなぁ、としみじみ思った。
麺のほうは相変わらずタップリで食べ応えは満点。お腹苦しいー。

入りやすくなったので又来ることにする。次はベストマッチな味だといいのだが
[PR]



by gesotoku | 2008-08-18 15:20 | 池袋ラーメン戦記

池袋東口 「百花繚乱 煖」 ごま味噌つけ麺

携帯の辞書機能だと店の名前がでなくて困った。
ちなみに読みは「ひゃっかりょうらん だん」ね。
『  』と書いてあるサイトも見かけるが正しくは『  』だそうである。

a0002735_22302280.jpg

トロミのあるコッテリとした味噌ダレが非常に特徴的。
味噌の味一辺倒ではなく、ベースとなっているスープも非常にボディが強く濃厚でタレにまけていない。
数年前に来たときより一段と美味しくなっていて驚いた。ただちょっくらショッパいかなぁ。いつもこんなかんじなのかな?
a0002735_22302250.jpg

麺は通常価格780円で1玉か1.5玉を選ぶことが出来るのたが、価格があらかじめわりと高めなのでお得感はちと薄いか。

ツヤツヤぷりっぷりの噛み応えと麦の香りはなかなかイケてる。

「百花繚乱 煖」
(ひゃっかりょうらん だん)
住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-38-1
電話番号 03-3986-3776
営業時間 11:00~24:00
定休日 年中無休

公式Webサイトはこちら。
[PR]



by gesotoku | 2008-07-06 22:45 | 池袋ラーメン戦記

鬼子母神駅 木菟ラーメン

a0002735_8345886.jpg

都電鬼子母神駅すぐ裏にあるラーメン屋さん。

もとは中華食堂「大観」だったところで、道路拡張に伴い一度閉店していたがラーメン屋として移転オープンと相成ったという寸法。
「大観」時代からの名物・鬼焼売も変わらず食べることが出来る。専用の持ち帰りコーナーもあり、それだけを買いに来る往時からのファンも多いとか。
木菟ラーメンは正当なる東京ラーメンともいうべきサッパリ醤油味。ものすごく飛び抜けた特徴がない代わりに優しく食べ飽きない味。500円とリーズナブルながらさらに大盛り無料の大サービスつき。

木菟ラーメン
(みみずくラーメン)
住所東京都豊島区雑司ヶ谷3-2-6
電話番号03-3971-0584
営業時間11:30~21:00
定休日日曜・祭日
[PR]



by gesotoku | 2008-06-26 08:34 | 池袋ラーメン戦記

『千石自慢』西巣鴨店 塩らーめん

a0002735_21443081.jpg

お気に入りの店のひとつ。
かつては北池袋にもあったんだけど先だって閉店してしまったので、今回そのまま足を延ばして明治通りを大正大学方面へ。ここには西巣鴨店がある。

背脂ギッシリ&タップリの濃厚スープと、コシのある太麺でガンガン喰わせるパワー系の豚骨醤油ラーメンがここのおなじみの定番なんだけども、今回はあっさり目の塩らーめんにチャレンジしてみることに。

こちらは鶏と豚骨のブレンドスープで、この店の例に漏れず背脂がふんだんに入っているが、思ったほどしつこくない。むしろやさしい。
中盤で少し刺激がほしくて備え付けの黒白ダブルコショーをかけてちょっと試してみたところ、故だか微か~に味わいが『サッポロ一番』ぽくなりかけたのであわててとりやめた。
ズルッといけちゃう細麺で、こちらも醤油とはまた違った味わいでさっぱりといただけた。

『千石自慢ラーメン』 西巣鴨店
東京都豊島区西巣鴨 3-19-9 地図
営業時間 11:30~翌1:00 水曜定休
TEL 03-3949-4373
[PR]



by gesotoku | 2008-06-07 21:44 | 池袋ラーメン戦記

池袋東口 濃厚鶏白湯ラーメン・『らーめん つけめん 鶏の穴』

a0002735_20273383.jpg

a0002735_2027337.jpg


池袋駅東口のケン&シローがなくなっていた。
あー、閉店してしまったのかー…と思うのもつかの間、どうやら
新しいラーメン屋がそこに建っているのに気が付いた。ようし、入ってみるか。

店名は……「鶏の穴」。すさまじいなまえだ。
中に入ると煮えたぎる溶岩の上で地獄の特訓でもやらされてしまうのだろうか。
(わかんない人はお父さんに聞いてみよう)
トレードマークとおぼしき鳥の象形文字がみょうにシュールでかわいらしい。

a0002735_20273487.jpg

こちらは券売機で前払いのシステムとなっている。今回は「白鶏ラーメン」(+味玉)を注文。

見た目は白湯というよりもやや黄色がかっている。
トロリと乳化したスープですすってみると
甘みが強く出ていてまるでポタージュかシチューを飲んでるみたい。
比喩じゃなくて実際コーンスープのような味がする。

かなり濃厚で個性的。まずもって割とおいしいのだが、ポタージュをドンブリでガブガブ飲むのを想像してもらうと
お分かりの通り、最後ちょっとあきてしまう。何かちょっとした薬味でもあればいいなぁ。
卓上にはコショウしかなかったのでちぃと残念。

麺は太くてツヤツヤしてて食べ応えアリ。
前回の納豆つけ麺ケン·シローもなかなかおいしかったのに客足がいまいちのようだった。
立地的には少々厳しそうだが、ここら近隣にはないタイプの味なので是非頑張って欲しい。

ちなみにメニューは白鶏らーめんの他、辛味スープの赤鶏らーめん、そしてつけ麺の三種類がメインとなっている。

『らーめん つけめん 鶏の穴』

住所: 東京都豊島区東池袋1-39-20
営業時間:
 平日11:00~15:00、18:00~23:00
 土日祝11:00~22:00 
定休日:無休
[PR]



by gesotoku | 2008-05-22 20:27 | 池袋ラーメン戦記

池袋 ときわ通り 『なんつっ亭 池袋店』

a0002735_18591184.jpg

a0002735_1859136.jpg


カップ麺で全国的にも有名。池袋北口界隈にオープンした。

濃い。
どんぶりがやけにこぶりで、ちょっと少なめかなと拍子抜けしたが
まるまる一杯食べると割りとまぁ、満足。

かつて本店をテレビなどでみたことがあるのだが、
ここも何故か店員がみなどことなくヤンチャっぽい。なぜだろう。
[PR]



by gesotoku | 2008-05-09 23:22 | 池袋ラーメン戦記

東池袋 『焼豚ソバ 黒ナベ』

a0002735_2352228.jpg

スープが醤油の深く重厚な色で見事に黒く染まっている。これがちょっと塩辛い。
これは「富山ブラック」と呼ばれるご当地ラーメンの特徴だそうな。
ここ数日で塩分過多のラーメン屋ばかりに出向いている気がするなあ
麺はやや太で、噛み応えがなかなかよい。すすってひと噛み、グニグニした歯応えの向こうから小麦の良い香りがする。
並盛り800円とややお高めながら、肉がタップリでボリューム的には十分満足が行く。

有楽町線東池袋駅・3番出口上がってすぐ

※なんでも大晦日は夜から元旦朝まで営業し、「年越し焼き豚ソバ」を計画中らしい。
[PR]



by gesotoku | 2007-12-17 23:52 | 池袋ラーメン戦記

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧