こちら豊島区池袋雑食課

カテゴリ:池袋ラーメン戦記( 74 )




東池袋 『がんこラーメン』

a0002735_12392592.jpg

へえ。
がんこラーメンが出来てたんだ。
客席はカウンターのみ6席ほど。言うほどしょっぱくなくて、以前のひかり町に比べると食べやすい。
普通のラーメンも美味しいが、汁なし坦々麺が密かなるオススメメニュー。
サンショがビリッときて本格的。

住所 東京都豊島区東池袋1-13-12
定休日 無休?
営業時間 11:30-22:00(ただしスープ切れの早仕舞いあり)
[PR]



by gesotoku | 2007-12-12 12:39 | 池袋ラーメン戦記

大塚 『太陽のトマト麺』

大塚駅北口を出て、ひたすら商店街を抜ける。

a0002735_20441687.jpg

a0002735_20441877.jpg

a0002735_20441984.jpg


イタリアンなラーメン屋。サッパリしてる。
麺は白っぽい細麺でズルズルいける。なんだかこりゃ九州っぽいね、と思ったがメニューにちゃんと替え玉があって得心した。ていうかまんまじゃんか。

トマトラーメンはラーメンというより殆どパスタのよう。
削りチーズをガンガン入れてみたくなる……チーズラーメンというのもあるらしいけど、
それは残念ながら未食のまま。(誰か食べたことのある人居ますか??)

その代わりと言っては何だが、鶏パイタンラーメンはなかなか濃厚な味わいで良い。
正統派の塩ラーメンとしてきちんと頂ける。好みだ。サイドメニューのネギメシもなかなかオツ。


住所 豊島区北大塚2-8-8

営業時間 11:00~翌1:00、日祝は~24:00まで
[PR]



by gesotoku | 2007-12-05 20:44 | 池袋ラーメン戦記

屯ちん

a0002735_0322337.jpg

久々に行ってみたんだけど
深夜2時過ぎなのに、まだ微妙に混んでた。
何時行っても並んでる店だが、一体なんでなんかな。
ややクリーミーな豚骨醤油で中太縮れ麺が相性がよい。
しばらくいってない間に、またちょっと味が変わった気もするな。
[PR]



by gesotoku | 2007-10-01 00:32 | 池袋ラーメン戦記

池袋西口 『らーめん 七志 とんこつ編』 匠とんこつ

a0002735_19223047.jpg

ロサ会館横の立ち飲み屋の向いに面したお店。
今回は匠とんこつ+白髪ネギの組み合わせで注文した。
匠とんこつは新味メニューで、曰く徹底的にアク抜きしたまろやかなとんこつとのこと。
味は『玄武』のげんこつラーメンに似ている感じで、確かによりまろやかな飲み口。コダワリ派的な名前の割にノーマルラーメンより値段が安いのも玄武げんこつと共通する。
醤油豚骨系の流行りなのかしら……。
オホゥ~、にしてもこいつぁ旨い。中太ストレート麺も相変わらず良い噛み応えとノドゴシでグッド。

営業時間 11:00~翌4:00
住所 東京都豊島区西池袋1-38-3 ビートス池袋
TEL 03-5950-4774
地図はこちら
店舗情報はこちらから
[PR]



by gesotoku | 2007-07-23 19:22 | 池袋ラーメン戦記

池袋東口 『麺や ケン・シロー』 納豆つけ麺

a0002735_0115797.jpg

ケ、ケンシロー?
ユニークで目に付く店名だが、別に北斗の拳は関係ない。あと一応松浪も関係ない。
あとちなみにケンシローではなく、ケン&シローなんだそうだ。店主の名前?
ふむ、つまりゴンチチみたいなものだな。
a0002735_0115756.jpg

納豆つけ麺の文字が興味を引いたので思わず入店してみた。
早速納豆つけ麺(850円也・普通のつけ麺は750円)を注文。ちなみに大盛りは無料とのこと。
a0002735_0115849.jpg

魚粉がふんだんに入ってるのか良い香りがプンプン。納豆は中に入ってて、いわば納豆汁の要領なんだが意外や意外で結構イケる。
Wスープが売りの漬けダレは味わいが濃厚で甘みが豊か。辛味酸味はそれほどきつくなく、後味がサッパリしていて食べやすい。
a0002735_0115915.jpg

うっすら透き通った麺もプリプリツルツルでなかなか良い。食べ心地が良い麺だ。
店内の雰囲気が割と地味で、店員もいつものイラサマセ系アジア女性だったから最初は少し嫌な予感がしてたんだけど、いや、つけめん自体はかなりよい。
これは掘り出し物かも!

名前 麺や ケンシロー
住所 豊島区東池袋1-39-20
定休日 無休
地図はこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-07-23 00:11 | 池袋ラーメン戦記

北口『つけ麺屋 のぶなが』

a0002735_8402947.jpg

かつて『灰汁美』があった場所にできたつけめん屋。
西口にも新店をオープンするなどして、なんだか随分好調っぽい。

今回はつけ麺あつもりをチョイスしてみた。ちなみに普通(250g) 中盛り(400g) 大盛り(550g)はどれも同じ価格。さらに上行く『特盛り(700g)』もあり、こちらは100円増し。
第一印象は『やすべえ』に似た感じ。スープの風味やタレの甘味・辛味具合もなんだか似ている。豚骨ベースに魚ダシの風味がマッチしてて大変美味。タップリのネギも嬉しい。底には沈んだチャーシューがゴロゴロ入ってて良い。

あと、麺がストレートの太麺でツルツルタイプなのも『やすべえ』に似てる。くらべるとモチモチが弱めかな。好みの問題だとは思うけれども。あと、麺がくっつかないようにお湯がヒタヒタに張ってあるんだけど(釜揚げうどんの要領ね)、ジャブジャブしすぎててちょっと見た目によろしくない気がした。


つけ麺屋 のぶなが 北口店
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-42-8
電話番号 03-3984-1887
営業時間 11:30~23:00
[PR]



by gesotoku | 2007-06-24 08:40 | 池袋ラーメン戦記

神座

a0002735_1953259.jpg


大阪で有名だという神座が池袋にも進出してきた。
メインメニューは「おいしいラーメン」。こちらの主観無視であるが、「おいしい」のだそうだ。
一度ではなく、二度三度といくたびに美味しさを感じられるラーメン、という謳い文句。

a0002735_19532444.jpg


写真は「おいしいラーメン」の大盛り。
丼の直径がデカくて最初は気圧されたが、底が浅いので案外すんなり食べられた。
見る限り白菜が沢山浮いている。入っている、というより浮いているというのが妥当な印象。
スープをすするとあっさり醤油味、白菜の甘みがほのかに。
黄色がかった、やや細の麺はコシや風味もごく普通。
特別美味しいというわけでもなく、サッパリいただけるとは思うんだが、
いわゆるラーメンファン・ラーメンマニアの脳髄をくすぐる中毒性はない。
900円という単価を考えると……可もなく不可もなく、やや不可気味? うーん…。

あ、でもこういうアッサリ系はお酒を飲んだ帰りにはいいかも。なんだか胃壁にしみそう。
[PR]



by gesotoku | 2007-06-23 12:04 | 池袋ラーメン戦記

「我空」が「俺の空」に改名?

ちょっと最近行ってないと思っていたら、
ある日区役所裏手のラーメン屋「我空(がくう、と読みます)」が「俺の空」になってしまっていた。
元々「俺の空」の店主がプロデュースしたお店であるから、これはいわば先祖がえり?原典回帰?とでもいうのだろうか。

身も蓋も無い話をすれば、「どうも当初の想定よりもアレだからここらでやっぱりネームバリューにおすがりしてみようか」なところだと思うんだけどもね。正直ってあんまり客足伸びていなかったし。

かれこれ俺も「我空」には四度ほどは行った事があるけども、その度に味がマイナーチェンジしてて、暗中模索げな様子がアリアリと見えた。
で、どうしたものかそんな自信の無いお店なのにいやに高級そうなというかオサレーな内装であるから、客の側も「いったいこりゃどうしたもんかね」とツカミドコロを失ってしまってなんとなくズルズルした感じになってしまったのだろう。試行錯誤、味の追求、と言えば聞こえはいいけれども、正直地に足が着いてないような気がする。そんなにバンバン路線変更されちゃぁなぁ。
行く度に味が変わってるラーメン屋ってのも逆に希少ではあるけれど、「どんなに姿かたちが変わっても、あなたはあなたよ!ワタシはずっと愛してる!」的な物好きは、やっぱり、総合的に見て、そんなに数多くはいないわけでさ。そもそもそこまでの情熱を持ったファンがおらんだろうと。

で、ふと「二天」のことを思い出した。池袋南口・東通りに入ってほどなくあるラーメン屋なのだが、ここの大元筋は「麺屋武蔵」。有名な新宿の大人気店である。
当初こそ「二天」、つまり二天一流の精神にあやかって何者にも真似の出来ない、「麺屋武蔵」の名も掲げず、威も借りずに、独力でやっていくぜ的な事を言っていたんだけども、なんか思ったほどのインパクトがなかったようで、当初の客足はイマイチといった印象だった。

で、しばらく経ってたらいつのまにか看板と暖簾の前面に「麺屋武蔵」の文字がデカデカと掲げてあってエラク拍子抜けした覚えがある。現在二天はボチボチファンが根付いたようで結構繁盛しているわけで、これは商売としては真っ当な正義なんだけども、最初にカッコつけた分だけ非常にバツが悪いよね。

もっとも、美味しいラーメンをスッと普通に出してそれが支持されるってのが一番理想なわけなんだけどもね。美味しいラーメンを作る事だけ考えてちゃ、やっていけない時代なんかなぁ。
[PR]



by gesotoku | 2007-05-30 23:53 | 池袋ラーメン戦記

サンシャインシティ「青葉」に再挑戦

過日の週末の夕暮れ時。
小腹が減り始めたところで無性にラーメンが食べたくなったので、今回はサンシャインシティ・アルパの「青葉」に足を運ぶことにした。

中野の本店は毎度毎度の行列店だが、こちらはオープンまもなくの狂騒も鳴り止んだらしく、近頃は程なく席につけるようになった。まぁ、実際地下街内で行列ってのも大概迷惑なのでこれはこれで望ましいし好ましい。

a0002735_19235824.jpg


今回は「つけめん」を注文。麦の香りがほどよくして、歯ごたえもプリプリの麺はやっぱりそれなりに美味しくて満足なんだけれども、この、漬け汁がすぐに冷めてしまうってのはどうなのかなぁ。いわゆる「あつもり」ではなく冷水で締めた麺だと直の事冷めが早くて、最後のほうはもはや冷たいスープになってしまっているのでなぁ。。こういうのはつけ麺の宿命であるのかもしれないけど。美味しいんだけど。

あ! あと、前回指摘していた点の、「お冷やのコップが臭かった」のが解消されている。
前は水を飲もうとすると豚脂の生臭い匂いがしてちょっと不愉快だったのだけれど、今回は非常に清潔でよろしい。ラーメン屋で水が飲めないってのはえらく迷惑なので、ここが治っていたのは良かった。

ただその代わりと言って良いのか、どうも店員に元気がなくて残念だった。元気さというか溌剌さが欠けていた。与えられた仕事を、貰っている給料分程度に、それなりに、ぼちぼちやってます、ってな空気がひとつひとつの動作から見受けられてしまう。そういう雰囲気の暗さが見て取れてしまうと、やっぱり折角の美味しさも半減してしまうから、もちっとシャキッとやってもらいたいもんだ。ムヤミヤタラなカラ元気や怒鳴り声は要らないけれども、きびきびとした動作と愛想ってのはやっぱり必要だろう。なまじ広々とした店内スペースだけに、陰気な静けさってのは必要以上に辛気臭く感じられる。よくない。勿体無いぞよ。
[PR]



by gesotoku | 2007-03-24 21:54 | 池袋ラーメン戦記

梅もと ねぎ豚ラーメン

何玉でも同一価格・大食い御用達のつけ麺ですっかりお馴染みだが、
元々はれっきとしたラーメン店の雑司が谷「梅もと」
中でも人気なのは定番メニュー「ねぎ豚ラーメン」だ。
a0002735_13174788.jpg

トローリホロホロにほぐれた豚ブロックが文字通り「ゴロン」と乗っかっている。
味付けは割と薄目だが、ショウガの利いたあっさり醤油スープに対しては
これくらいの方がぶつかり合わないのかも。みずみずしいシャッキリネギとの相性もなかなか。
麺はつけ麺のそれと同じタイプだが、暖かいスープに出会うと口当たりが柔らかくなる。
ご年配の方でもスルスル食べられる、優しい味だ。
ガツンとしたインパクトが欲しいときはつけ麺、あっさりさっぱりで行きたい時はラーメンが良い。
良くも悪くも下町情緒あふれる庶民派のラーメン屋さんだ。
[PR]



by gesotoku | 2006-11-29 13:17 | 池袋ラーメン戦記

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧