こちら豊島区池袋雑食課

カテゴリ:池袋ラーメン戦記( 74 )




池袋ラーメン『梅もと』

a0002735_15145.jpg
池袋駅を東に出て、明治通りを目白方向へ向かって直進し、
タバコ屋の角から「鬼子母神西参道」の通りにずれて、さらに目白方向のまま直進。
民家風だが、「ラーメン」ののぼりがでているので直ぐ分かると思う。

カウンターに4畳ほどの小上がりがあるだけの狭い店だが、
元民家の趣きがそのまま出てて風情はたっぷり。
スダレも畳もつけ麺を一心不乱にすする客の兄ちゃんも
みんなひっくるめていい味を出している。
(色紙や雑誌記事の類がちょっと多いのはご愛嬌か)

麺は細ちぢれ麺で、意外なほどスルスル入っていく。
つけ麺のタレといえば酸味が強いのが常だが、これはゴマ風味のやや甘いタレ。
ほぐしチャーシューとなじんでどんどん食える。
量の多さはいうまでもないが、普通の人は地球盛りまでにしておくのが吉。
銀河盛り以降はある種格闘技の趣きさえある。

店主も人柄が出ている。愛嬌は無いが、
帰り際に「ありがとうございました」の素朴な声が妙に心地よい。
出際に広がる鬼子母神の小道とあいまって、郷愁を感じさせる"いい感じ"の店。

豊島区タウンに2003年08月01日投稿したものを一部修正しました。)
[PR]



by gesotoku | 2004-02-22 15:15 | 池袋ラーメン戦記

池袋ラーメン 『瞠』

a0002735_15345.jpg
60階通りを東急ハンズとサントロペの所で川越街道に
ぶつかるところを左折し、そのまま直進。
牛丼屋の「すき屋」の隣のビル。

随所に演出というか計算が感じられる店。
いい意味でも悪い意味でもそこがこの店の個性だと思われる。
ぶっといメンマ、魚の個性がたっぷり沁み出たスープ、
味玉もトロリとした黄身が美味しく、いずれも出色だ。
ただ、それらの強烈な個性に肝心な主役の麺があまり追いついていない印象を受ける。
後半はちょっと飽きてしまうかも。

この間、再度立ち寄ったところ、一番の個性である魚の強さが少し丸くなってしまった。
ダシブシの臭みを押えたのは一般向けを考えての事だと思うのだが、
個人的には何か主張が抜けた感じ。ストライカーが居ない日本代表みたいなものだ。
形としては上品にまとまってるがどうも退屈な味、みたいな事になりかねん。

もう一皮向けてほしいなぁというところ。
[PR]



by gesotoku | 2004-02-22 15:04 | 池袋ラーメン戦記

池袋ラーメン 『七福神』

a0002735_1847.jpg
写真はつけ麺。

西口ロータリーから東京三菱銀行へ進み、角を折れてエビス通りをまっすぐ。
パチスロ屋を超えてさらに直進すると見える。
東池袋、いや全国規模でも有名な『大勝軒』の弟子筋にあたるお店。

ここのつけダレは本家に比べて、若干砂糖が強い。
麺は自家製のもっちりしたストレート太麺で、たっぷりのボリュウムで満足できる。少しだけ噛んで歯ごたえを楽しんで、ズッと一気にすするととても美味しい。

つけ麺がよく出ているが、個人的にはラーメンが好きだ。
アッツアツで出てくるのもありがたい。こういうちょっとした所がポイント高し。

東池袋の本家や、兄弟筋にあたる麺屋ごとうは連日行列がヒドイので、
(ホントにヒドイ!なんとかして!)
強いこだわりがない場合こちらをお勧めする。
真向かいがソープランドということで、ちょっと行きづらい部分もあるが、
それを含めての店構えと受け取っておこう。
[PR]



by gesotoku | 2004-02-19 18:05 | 池袋ラーメン戦記

池袋ラーメン戦記(序)


不思議なもので、ブラウン管の向こうから旨そうにラーメンをすする姿を見ただけで、
胃の奥底からググッと食欲が競りあがってくる。三度三度の食事とはまた違った食欲である。

プンプンするガラのにおい、麺の食感、独特のスープなどが無二の体験としてビビッと脳裏に刻まれる。
故にラーメンは中毒性が高い食べ物である。
手に付いた変な匂いを何度もかいでしまう、アレと一緒だ。
そして、ラーメンは基本的にチープな食べ物だ。ジャンクフードってやつ。
オール5の優等生よりも、ちょっとぶっとんでる方が面白い。

あのラーメンは、そこの店でしか食えない。そういう店が、俺の好きなラーメン屋だ。
かざらず、きどらない、でもガツンと主張がある。筋が一本通ったお店が好きだ。

池袋といえば、ラーメン激戦区といわれて久しいが、
実態を知るものにとっては苦笑を禁じえない。

確かに「激戦」はしている。
出来たばかりの店が一年後に違う店に、なんて事はしょっちゅう。
雑誌テレビに出てくる駅近の店には毎度のように長蛇の列が並ぶ。
池袋だけで一冊ラーメン本が書けてしまう勢いだ。

ただ、全体を通して「激戦区」の名に相応しい、高いレベルに達しているかと言うと、非常に厳しいといわざるを得ない。むしろ「こんなに並んでまで食べるほどのモンだったのかなぁ」という店が結構多い。
つまり、味ウンヌンよりも政治的マーケティング的な部分で切磋琢磨しているようなんが多い。

マスコミ情報に踊らされる→みなその店にいく→ガッカリする

というケースもよくあるパターンのように思われる。でも、それ以上に客が来るので
全体としては儲かってしまう、という事である。

実際そういう声は多くて、そうなると決まって「池袋なんて所詮」とくくられてしまう事がしばしばである。
一括されてしまうと、それもそれで面白くない。

だから、ここでは"優等生"は紹介しない。
行列は嫌いだが、並びの有無はあえて問わない
。嫌な所はハッキリ書くが、根拠のない非難はしないつもり。

「ここでなければ」という個性重視で池袋のラーメンをざっくり斬ってみようと思う。
[PR]



by gesotoku | 2004-02-19 15:43 | 池袋ラーメン戦記

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧