こちら豊島区池袋雑食課

カテゴリ:池袋の話( 85 )




メイド耳掻き

a0002735_18353255.jpg

いくら『昨今に於けるメイド』というものがもはや本質から遠く離れて形骸化した、いち流行の産物に堕したものだとしても、これはないよ。
『品格』『萌え』とも全く無縁な存在感。メイドというものの美学・ないしは建前皆無の即物的デザイン。
なんだかいっそ清々しくさえあり、圧巻である。
一番の興味・疑問はこの店の『メイド』は何を以てメイドなんだろうかということ。というか、お散歩コースで外出するメイドってなんなんじゃい。

こんなもん結局は準風俗・軽風俗産業だろ、と言う開き直りが聞こえて来るかのようだ。
よく、『オバハンまで使い出したらそれはもう死語』みたいな話があるが、行くところまで行き着いたなぁ……としみじみ思う。
ブームの終焉の兆しを垣間見た気持ちだ。
[PR]



by gesotoku | 2007-07-27 00:01 | 池袋の話

参院選ポスター

a0002735_8503126.jpg

ヒタヒタ…ヒタヒタ…て!
まあ少なくともグングツの音ではなさそうだな。
むしろ妖怪かなんか。ひょうすべ、みたいなやつ。

まあ文言はいつもの社民節というやつだなぁ。我々はこういう政治をやります!とかじゃなくて『いいんですか?』だもんな。『そう思いません?』って言われてもなぁ。
だからこうします、が欲しいのに。
単に同意求めるだけなら井戸端のおばはんと変わらないやないけ。
[PR]



by gesotoku | 2007-07-20 08:50 | 池袋の話

池袋に俺参上? 宮城の石ノ森ヒーロー

a0002735_10474842.jpg

a0002735_10474890.jpg

a0002735_10474820.jpg

池袋駅からの帰り道、宮城県アンテナショップの前で見慣れぬ光景に出くわし、足を止めた。
ブースの前ではなにやら見たことのない特撮ヒーローがポーズをズバッとキメている。青いボディに真っ赤な目。パッと見はライダーとイナズマンのアイノコみたいな感じ。ロボット刑事とキョーダインもちょっと入ってるかなぁ。しかしそれはそうと、とにかく一体こいつは何者だ。今度やる新番組かしら、と思っていた矢先にスタッフのお姉さんからパンフをわたされた。
ヒーローの名前は『シージェッター海斗』、石巻にオープンする『石ノ森萬画館』のPRで来たのだという。いわゆるローカルヒーローというやつだろうか。パロディではない大御所発ってところが新しいっちゃ新しい。
しかしヒーローもアンテナショップで東京出張とは、文字通り中の人も大変だなあ。
[PR]



by gesotoku | 2007-06-25 10:47 | 池袋の話

ヤマダ電機あらわる

今、池袋東口ビックカメラ横にウワサの新店舗が完成しつつある。
かねがね出店が噂になっていたヤマダ電機の池袋1号店である。

かつて、東口そばのビックカメラ本店横には広大な駐車場スペースがあった。
以前は場外車券売り場の建設が検討されていたのだが、
色々な反対にあってとうとう計画中止になってしまった経緯がある。
車券売り場が立ち消えになりかけてた矢先、丁度入れ替わるように
「どうやらヤマダ電機が建つらしいっすね」てな話がスルスルと持ち上がっていたのだが、
ようやくそれが現実のものとなり、この度ようやく全貌を現してきたようだ。

業態は「ヤマダ電機」ではなく、都心型店舗「LABI」としてオープンするとのことだが、
ビックカメラ本店より遥かに巨大なビル店舗は遠くからでも見る者を圧倒する。
ここのところ全国各地で圧倒的な新店ラッシュを続けているヤマダのパワーを象徴するかのようだ。

これを受けて対抗するのは「ビックカメラ」、そして「さくらや」だ。
さくらやは全館リニューアルということで改装工事を各フロアで行っており、
現在一部の売り場が使えなくなっている。
ビックカメラ本店も同様の改修を急いでいる。本店とパソコン館はそれぞれ
"LABI"の真隣・真向かいにあたり、あからさまに意識している様子が伺える。
実質ビックの一人勝ちで安泰だった駅前家電戦争だが、ここへきて一気にヒートアップしそうな予感だ。オープン直後は結構な騒ぎになりそうな気がするなぁ。
[PR]



by gesotoku | 2007-06-04 08:37 | 池袋の話

「博多一風堂」が池袋に出店

参考URL:激戦区に名乗り!博多一風堂池袋店12月7日(木)オープン。(公式サイトより)

豚骨ラーメンの有名店、博多一風堂が池袋に進出するそうだよ。
恵比寿、高田馬場、銀座、六本木etc...で都内だけでも
かなりの店が出ているから、正直そんなに有り難味のあるニュースではないんだけども、
とはいっても池袋圏内の人間にとってはやっぱり嬉しいことではあるな。

地方発祥で池袋に進出してきた有名ラーメン屋というと「山頭火」、「すみれ」、
そして今度の「一風堂」か。
なんかセブンイレブンで見たことの有るようなラインナップ……(笑)
それだけ有名店が集まってきているということの証拠でもあるけど、

ちなみに近隣には「二郎」「南池袋 大勝軒」「屯ちん」「二天」
が存在し、まさにラーメン激戦区。
新規客がこぞって増えるわけでもないだろうし、やっぱりある程度はパイの取り合いになるんだろうな。それはそれで個人的には割と歓迎なんだけどもね。
いやぁ、なんでかっていうとさ、今回のオープンのあおりを受けて他店の混雑が少しでも
緩和してくんねぇかなぁと不埒なことを考えているわけよ。
だって二郎なんかオープン時なんかガラガラだったんだよー?
[PR]



by gesotoku | 2006-11-07 10:27 | 池袋の話

池袋の魔女

Ameba News|ハロウィン記念 池袋で「魔女入門」に潜入!!

どえらいことに、「魔女入門」教室なるものが池袋にあるらしい。
そうはいってもどうせカルチャーセンターだし、せいぜい占星術だとかおまじないだとか黒魔術本の朗読会だとか(?)だと思っていたんだが、どうもちょっとばかしそうではないようで…。

「儀式を行うために教室の中央に円を描き、呪文を唱えた後は、魔女に関する基本的な授業から始まって、魔女に近づくために必要なイメージトレーニングを高めるゲームを行います。」
いや、内容はわからないけど、これって実際の所お金払ってまで学ぶような事柄なんだろか。
「またシェイプアップにも役立ちそうな大地のエネルギーを吸収するエクササイズと、魔女に興味のない人でも取り入れたくなるプログラムも。」
や、魔女に興味が無い人は素直にシェイプアップの方に行くと思うよ!?
うーん……。魔女ってそういうものだったかなぁ。この本文中の「魔女」って箇所を「ホットヨガゴニョゴニョ」「リラクゼーションほんにゃら」「スピリチュアルなんたら」あたりに置き換えればなんだって講座化できそうだよな。

というか、「魔女に近づくために必要なイメージトレーニング」ってなにさ。
イメトレってどういうこと? イメトレで魔女に近づくってシステムがどうしてもオジサンには理解できまへん。「イメトレ」がオッケーなら妄想につぐ妄想でなんだってなれるわな。俺ならガンダムやるわ。月会費3000円であなたもカイ・シデンになれます。無理だ。そらただのガンダムものまね教室だ。さもなくばイメクラ。純然たるイメージだけのイメクラ。不純な事一切無いだけのイメクラですよ。誰がいくんじゃ。

そのわりには「雲を散らすのは比較的簡単で、上級者になるとほうきで空を飛ぶこともできる」「ちなみに都内で空を飛ぶのは危険が多いので、人の少ない地方に行ったときにやることが多いそうです。」とかサラッと書いてあって焦る。池袋のカルチャーセンターからぞろぞろホウキで飛んでいく主婦とか見たくないよ!
講師もどこまでネタか本気なのか分からないなー。なんだかデパートの宝石屋みたいな名前だしさ。
魔女界(?)ではこの人有名なの? 池袋のM女史に是非聞いてみたいものだ。

あと、むしろ生徒側の心境が知りたいよなぁ。何を求めて受講しているのだろうかと。
いや、シャレや道楽で遊んでるなら単なる「ケッタイな趣味」ですむけど、
中にはマジのガチで「飛べる」と思ってる女性とか居そうでちょっとうすら寒くもある。
[PR]



by gesotoku | 2006-11-01 10:53 | 池袋の話

見逃してしまったプロのワザ

先日トイレの電球が切れたので、某ビックカメラ本店へ繰り出した。
電球一個に大袈裟な気もするが、ついでにゲームソフトでも見に行こうかと思ったわけで。
で、照明フロアに行ってアラビックリ。ズラリと並んだ電球電球また電球。三四がなくて五に蛍光灯ってなぐらいの勢い。
まぁーしかし、普段の生活で電球の事を考える割合なんか1%も無いから、当然どれがどれだかよく分からない。「省エネ」「光がやわらかい」「長寿命」「即点灯」などなどのフレーズの嵐に混乱しきり。
「もはやほとんど電球です」なんてキャッチまであった。じゃぁ電球にすればええのとちがうの?
てな具合に色々と思案(という名の沈静行為)の結果、なんかそれっぽい一番チープな電球の二個入りセットを買うことにした。レジへ持っていこうとすると、穏やかさ満点の売り場に不似合いな怒声が耳に入ってきた。

「おい!おい!オーイ! オマエ、いい加減にしろや!」

見れば、30代後半とおぼしき男が盛んに怒鳴り散らしている。決して小さくないフロアだが、どこからでも聞こえるほどの野蛮な大声。数秒の後恭しく店員がやってきて、何やら申し訳無さそうに説明をする。どうも商品の在庫を奥で問い合わせていたらしい。

「あるの!? ないの!? は・っ・き・り・し・ろ・よ!」

お客様相手の商売故か、いつもは元気満点であるだろうハッピの販売員がひたすら恐縮しきり。なで肩だからか一層ションボリした様子に見える。

「はァ?無い!? ふざけんじゃねぇよ!オイ!仕事しィろォよォー!」

男は白いセカンドバックを小脇にかかえた、サマーセーターにスラックスに厚みの無い靴という出で立ち。
形容が面倒臭いから入ってしまえば「下品にドレスアップしたシルビアに乗ってそう」な風体だ。
横には気だるそうな茶髪でミニの女。これまた形容が面倒臭いから、いっそストレートにいうと「下品にドレスアップしたシルビアの助手席に居そう」な女だ。

「おーれーは! いま欲しいの! いますぐ持ってこいや!」
「100ワットのなかったら110のやつ、120のやつ、なかったら130のやつ、
ぜーんぶ探してメーカーに電話しろよ! なんでそれくらいのことできねーのよ!」
「今日持って帰れるやつ、今すぐ全部リストアップしろ!」

問い合わせた品の在庫が無い、という愚にもつかない過失さえなければ見た目は恐喝同然である。また、そんなことで吠える男も男だが、その間横で止めるでもなく窘めるでもなく、ずっとだるそうに枝毛を気にしている女も相当にアレだ。きっとこんなのはもう見飽きた風景なのかもしれないな。

どこらへんが癇に障ったのかはよく知らないが、クレームつけるにも法というか、そもそもそれ以前に公共的な社会的なマナーがまずあるだろう。不満はただ正当に真摯に店側へぶつければよく、威勢を誇示するように所かまわず喚き散らす必要はドコにも無い。お前はそれなりに不愉快な思いをしたのかもしれないが、それによってもっと不愉快になったコッチはどうなんだと。

まァーしかしなんだ、照明フロアでこんなに薄暗い気分になるなんて思わなかったよ。
いや、勿論販売店側の不手際もあったのかもしれないけどさ、フロア中に聞こえるように叫ぶ必要なんかどこにもないだろう。オマエはどこの絶対君主か。土地の領主かなにかか。

「お客様は神様」という言葉があるけど、「俺は神だ」と思ってる客なんざもはや客じゃないとも思うが。そうはいっても、ビックカメラの店員はひたすら低姿勢で誤り続け、かつ粘り強く説明を続けていた。
あまりの不愉快さに、一旦ちょっと他の売り場へ目を離していた俺だったが、やがて電球の会計を終える頃には件の男女は何がどうしたのか、いたく満足した様子で手に蛍光灯を持って帰っていった。これはちょっとした感銘を受けた。一体どんな接客マジックをつかったのかしらんが、「プロってすげぇ」と素直に思った。
[PR]



by gesotoku | 2006-09-21 16:03 | 池袋の話

大企業の鈍感さ

JR東系列ホテルで残業代未払い5億円超 (朝日新聞) - goo ニュース


> JR東系列ホテルで残業代未払い5億円超
> 2006年09月06日07時46分
>  JR東日本の子会社で東京・池袋のホテルメトロポリタンなどを経営する
> 日本ホテル(本社・東京都豊島区、大川博士社長)で、残業代計5億2000万円が
> 未払いになっていることが分かった。退職者を含むグループ9社の従業員約1000人> の過去2年分の超過勤務手当で、従業員の「サービス残業」が常態化していたのが
> 原因とみられるという。同社は、全額を従業員に支払う方針だが、
> 従業員からは「上司からサービス残業を求められた」という声もあがっている。
(以上、引用のため適宜改行した)


『同社によると、今年5月、従業員から残業代が支払われていないとの指摘があり、
調査したところ、タイムカードと実際に支払われた手当に大幅な差があることが分かった。』

記事を一通り読んでから、この一節を再度読むと何だか実に不思議な気分になる。
少なくとも過去二年(請求の時効は二年まで)、千人もの従業員がずっとサービス残業を強いられていた事実があり、
「上司から『うちは残業がつかない会社』と言われ、いったんタイムカードを押してから残業するよう命じられた」
といった"上司命令"まで下されていたのだから、もはや組織的な確信犯である。
「従業員の『サービス残業』が常態化していたのが原因とみられる」というが、それはもう言うまでも無い事であろう。
「20年で一度もまともに残業代をもらっていない」という従業員もいるらしいが、これもひどい。
81年に創業した会社であるから、もう多分慣習としてずっとそうして来てるんだろう。
だから、端的に言えば「もうずーっと昔っから、会社ぐるみで、上司命令で、慣習的に、おそらくぶっちゃけ全員知ってる。知らないやつなんかいない」
のはもう間違い無いと思う。
にもかかわらず、「従業員から指摘があり、調査したところ、分かった」というのは明らかにおかしいだろう。
百歩譲ってよしんばそれが真実であったとしても、
それは却って「創業以来従業員の実態を把握していなかった」事になる。恥の上塗りだし、こんなことはありえない。

>  大川社長は「誠に遺憾。今後は法令順守を徹底し、
> 勤務実態に即した適正な超過勤務手当を支払っていくことといたします」
> とのコメントを出した。

遺憾って何やねん。しかし便利な単語である。
サービス残業を強いていたことを知らなかった事についてなのか、
それが明るみに出てしまったことについてなのか。まぁ前者は経営者としてありえない話であるけども。
[PR]



by gesotoku | 2006-09-07 12:36 | 池袋の話

散歩の達人ムック‐都電荒川線完全案内

交通新聞社 散歩の達人ムック‐都電荒川線完全案内

a0002735_1259580.jpg

散歩の達人が増刊ムックで「都電荒川線 完全案内」を発刊している。
雑司が谷、東池袋をまたぎ、池袋の住民ともなじみの深い
路線だけあって、どこの書店へいっても平積みで置かれている。
売れ行きもなかなか好調のようだ。

駅をいくつかのエリアに区切り、
ちょっとした名勝観光スポットを豊富なカラー写真とともに紹介。
勿論珠玉の地元グルメ情報もしっかり掲載されている。
といってもそこは荒川線。都内唯一生き残った路面電車である。
ほのぼのとしたローカル色に彩られており、肩肘張ったものはない。
勘所をついた、いい具合に力の抜けたラインナップが絶妙。
中でも早稲田「メルシー」のラーメンが載っていたのは笑った。
なんというか、さすがだ。俺でもちょっと紹介しづらいもの。

正直いままで数回しか乗ってないんですが…という、
なぎら健壱の「あたし的都電案内」 も注目のコーナー。
ぼんやりした文体なのに何故か時折ズバッと鋭い名コラムである。

勿論散策のお供にもいいし、
何は無くとも時折ページを広げて風景に目を細めるのも一興、
そんな気分にさせられるユーザブルな一冊である。
[PR]



by gesotoku | 2006-08-17 13:05 | 池袋の話

着物・浴衣で演芸場なんていかが?

え~ 度々えっちらおっちらとメタボリックな重い腰あげて
寄席に落語を聞きに行ってるアタクシでございますけれどもね、
なんでも今池袋演芸場でちょっとしたオトク様な情報があるんでございますよ。

「8月中席(11日~20日)と9月上席(1日~10日)に限り、通常の着物割引よりさらに納涼特別着物・浴衣割引として1,800円に割引致します」

普段の入場料は大人2500円でございまして、
まぁいってみれば映画よりちょっとお高め。
まぁその代り昼入ってしまえば夜の部終わるまでビチーッと入り浸りで
落語を満喫出来るって寸法なんでございますよ。

クーラーも効いてひんやりした夏の寄席、アタシもちょいとまた行ってみましょうかね。
今のプログラムでってぇと鯉昇や小遊三あたりが楽しみでございますか。

くわしくは<<池袋演芸場Webサイト>>まで。
[PR]



by gesotoku | 2006-08-17 12:56 | 池袋の話

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧