こちら豊島区池袋雑食課

<   2004年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧




文責。

コメントで済ませようと思って案外広がってしまったので、TBに代えさせていただきます。

文章を書くと言うこと

耳に痛くも良い事言ってます。
まぁ自分の意識から離れて文章にあてはめていく作業の中では、
どうしたって多少なりとも「装った自分」にはなっていくんですけどもね。

で、よくありがちな"良く見せようとした自分"というか偽善がプンプン匂うのも嫌ですが、
偽悪っていうんですか?あれも読む側にしてみたら厳しいのですよ。
「俺なんて、世間なんて、どーせ」の三拍子で進む、ネガティブワルツ文章っていうんですかね。
あれも嫌ですねぇ。結局追い勧めてみると自己憐憫でしかなかったりしてね。
「ううん、絶対そんな事ないよ!○×さんならきっと大丈夫ですってー!」
みたいな声をかけてほしいのがグイグイ読めてくるような文章っつーかね。
おいおいまてよ、そんな見も知らぬ(知ってる人もいるのかもしれんが))外野の
生暖かいエールで盛り返すだなんて、マッチポンプもいいところじゃないかと。

ちょっと以前にオンラインゲームのトラックバックについて
書いたことがあるんですが、書く事の起点は私的な事柄なんだろうけど、
かつそれを「ヨソサマに発信」するからには"読ませるに足りる文章"、
さもなくば"読んでもらう事を念頭に置いた書き方"でやってほしいもんです。
本当に他人に見せたくないメモ書きなら、非公開にすればいいんであって
まして「RSS発信」なんぞしたらいかんのですよ。
飛び降りる気も無いクセに「止めてもムダよっっ」って叫びまわってる人みたい。コントですね。

私もしばしば池袋の狭いゾーンのお話書いてますけど、
なるべく日本語として体を成している物を心がけようとしております。
結果が伴わなかった場合は、まぁこらしょうがない話なんだけども。

投稿システムもさることながら「素人にも文責が生まれる」においてブログの良さというか、
逆説的な価値があると思ってるんですがね。

まぁ、愉快・不愉快どちらにせよ"最後まで読ませる文章"ってだけで私なんぞの三文文章より
ずっとマシなのは確かなんだが、というまさにこれこそ自己憐憫。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-28 16:41 | 雑談・愚痴

わが青春のセガサターン


今月のユーゲー

サターン大特集だそうです。

持ってたナァ、セガサターン。
過去形で書くのは実に惜しい。いや、といっても故意に売り払ったとか、FF7出た途端にソニ吉に魂を売り払ったとか、山内会長の哲学に感動してカセット式ハードと心中する事にしたとか、まったくそういう事はない。
また、俺が勝ち組ハードしか追いかけないフヌケで、バーチャファイター2直後くらいまでは有頂天になってたがその後間もなく「FFはPS」「DQはPS」発表の打撃を受け、「パラッパとかあるし」という理由だけで「うち、プレステあるよ」というヤツのほうが重宝され出して、段々見るに見かねて手放しちゃったとか、勿論そういうわけでもありゃしない。
そんなヤツはダメだ。藤岡弘、が延々説教だ。

More
[PR]



by gesotoku | 2004-09-28 13:11 | 雑談・愚痴

安全神話

違法風俗店に客を案内した男を逮捕


で、この案内した客引きってのが『東京・池袋の雑居ビルで無料風俗案内所「男の遊び塾」を経営』だって。
そらどうにも防御できんわ。もうどうなってるんかねぇ。

風俗案内所って最近えらい勢いで増えてるよねぇ。これと質屋系ブランドショップが二大巨頭だな。
こういう所って「健全優良店はここでっせ~」って為にあるんじゃなかったのか?

池袋にいながらああいう所は全然詳しくないのでうかつな事はいえないのだが(いやホント)、
ああいう案内所って観光協会とか、健全な営業をしている所がスポンサーになって
営業してるもんだとばかり思ってた。
考えてみればどこを宣伝したっていいわけだろうしな。契約料一店から月10万だって。
そらオイシイわね。

この店の違法性は「禁止区域で営業している」って事らしいから、
実際ボッてたかどうかはよう分からんのだけど、仮にえげつない所が案内所やられたらそらかなわんわな。
ぼくみたいに感じてるオッサン連中、多いんじゃないかねぇ。
氷山の一角じゃなければいいんだけれども、世の中甘くないからねぇ。池袋は特にね。

いや行かないけどね。(ホントよ!)
[PR]



by gesotoku | 2004-09-25 12:01 | 池袋の話

ややこしい話

ちょっと早めに仕事を片付けたある日の帰宅途中、自宅の窓を見るといつもとちがって明かりが消えたままになっている。
ポケットに手を入れて、カギを部屋の中に置いたままだった事に気がついた。
合鍵はもう一個作ってあるが、そいつは朝一緒に出かけたヒンコ(仮名)が持っている。
早速電話するとヒンコ(仮名)は「さくらや」にいるらしい。あたふたしている。
「ビデオCDと、DVD-Rと、DVD-RWと、デジタルビデオ対応ってなに?」
連続して読み書きできるのがRWで、一度焼いたらそれっきりがRだろ、ビデオCDはそもそも規格が違う、というような事を懇切丁寧に教えてやった所、
「それはデジタルビデオ対応なのか?」
と全く突拍子も無い質問。
「DVD自体のフォーマットと、書き込みするオーサリングツールの問題だから、デジタルビデオだろうと何だろうとそら関係ないだろう」
「んんー? つまり、じゃあビデオCDでいいのか?」
徒労とバカバカしさに思わず無言で電話を切りそうになったが、カギの事を思い出してあわてて伝えた。
「ここまできたらいいじゃないか」
「馬鹿言うな。そこまで何メートルあるとおもっとるんだ」
折衷案が好きな俺は、ここからさくらやに行く途中にあるベローチェで待つ事にした。


都会の雑踏から逃れ、一人フュージョンをバックに百六十円のエスプレッソをすする俺だった。すすってはいかんのか。しょうがないから立ち込める香りを口腔で掬い止めてやったとでも書いて置く。
だいたい、カフェブームだのなんだのといって、王様のブランチでやるようになって、
ランク王国で勝手にランキングされて、しまいにゃジャストで三雲アナがしたり顔するようになったらもう終わりなのだ。くだらないものは台風一過で過ぎ去ればいいが、良い物はブームなんてものに乗せたらいかんのだ。コーヒー飲みの邪魔になる。百六十円が言えた話じゃないが。
そのうち、
「東京丸の内OL100人に聞きました、あなたのすきなコーヒーの種類は」
「キャラメルマキアートー!(あるあるあるある)」
なんてクイズが出るに違いない。古いなこれ。

いまごろきっと、出会い系の趣味の欄にもぼちぼち「カフェ巡り」のカテゴリが出来ているに違いない。
一昔前の「オサレ」な女は「レコード」「古着」「ボードに挑戦中」が付き物だったが、それにまた一枚ツモが入ったわけだ。何待ちなのかは俺にもわからない。

そういった趣の「カフェ」に行ったりすると、「イソフラボンたっぷり・ソイラテはじめました」などと書いてある。俗っぽいな。

だいたいソイラテなんて名前もようワカラン。ソイが大豆ってのは判る。
弁当の隅っこに入っている醤油の、角張ってるくせにえらく切りにくい包装ビニルに「ソイソース」ってエラそうに書いてたからよく判る。
あと、ラテってのも判る。牛乳の意だろ。
ちなみにスペイン語でいうとレーチェで、イタリア語がラッテでフランス語でいうとレだ。
ドレミの歌で「レーはレのレー」という乱暴な替え歌がフランスでは可能だ。

で、ソイラテだが、つまりソイ+ラテならコーヒーはどこに入ってるんだと。
カフェオレ、カフェレーチェ、なんでもいいが「カフェ」の文字が刻まれているではないか。カフェ・ソイラテとでも付けるのが正しいのだ。
ネギチャーシューとネギチャーシューメンは明らかにまごうことなく違うのと一緒だ。
ソイラテ。
ソイラテ。力が抜ける名前だ。考えた奴誰だ!シアトルが悪いのか?

まぁ、それはさておきイソフラボンは良い。正義の味方だ。
女性ホルモンに似ていて、つまるところ男性ホルモンの増加にともなう諸症状…ありていにいうと抜け毛にいいらしい。男も30を目前にするとそういう事が気になるもんだ。
良いものなんだから、格好をつけた名前なんぞ付けずに素直に「豆乳コーヒー」じゃだめなのか。
なんか紀文かどこかがそんなのコンビニで出してた気がするが、それでええじゃないか。まぁそれはそれでまた「マメコー」とか略すんだろうが。ブツブツ。

気がつくと、目の前のテーブルにヒンコ(仮名)が来ていた。でかい紙袋をぶら下げている所を見ると、また余計なものまで買い込んだに違いない。
「にやにやしたりしかめっ面したり、一体何してたんだ?」
不思議なヤツのくせに不思議そうにこちらを見やがる。

「なんでもない、ときに、お前は一体何をそんなに買ったんだ?」
「ん、ビデオキャプチャーボード」

ビデオCDとDVD-RWの区別がつかない人間がなんでそんなものを買ったのか。世の中どこもかしこも良く判らない。

が、おかげさまで今は「新刑事コロンボ」をハードディスクにガンガン録画している。
やはりいいものはいいな。ちなみに、豆乳も飲み始めている。いいものはいいからな。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-22 16:11 | 池袋の話

東池袋・大勝軒

a0002735_9502914.jpg
【昔ながらだけど古さを感じさせないつけ麺】大勝軒(豊島区東池袋)
去年までここの近所に住んでいましたが、いつも"お持ち帰り"して食べています。
スープを入れる密封容器を持っていけば多分誰でもやってくれる、はず。
前日までに予約が必要なので、どうして行列がダメという人はこちらの方法もどうぞ。
(ラーメンは確かできなかったはず。もりそば類だけ)

大晦日には「年越しそば」の予約もやってますので、お好きな方は如何でしょうか。
ちなみに私はこれで3年越しています。

超有名店なので、いまさら何をどうこういってもあまり書く事も無いのですが、あえて。
魚ダシが効いた濃厚なスープ、食べ応えのある手打ちの太麺がベストマッチで病みつきになります。
私は麺が水でふやけたりするのがあまり好きではないので、もりそばよりもだいたいラーメンを注文しています。

あと行列が死ぬほどダメなので、普段は、

・南池袋「大勝軒」
・大塚「大勝軒」
・滝野川「大勝軒」
・西池袋「七福神」
・西池袋「大勝軒七福」(ここだけ麺がちょっと違います)
・早稲田「七福神」

等等に行っております。
(同様の理由で「麺屋ごとう」も殆ど行った事がありません…)
どうしても本店でなければ!というのでなければ以上のように、
色々入りやすいお店がたくさんできてますので、お試しになっては如何でしょうか。


※店主山岸さんの引退が近いのか、現在のれん分けの出店ラッシュです。
朝霞、綾瀬、大泉学園、吉祥寺、浦和あたりの近めから
静岡、そして北海道の小樽市まで増殖っぷりがすごい勢いです。
どこでも長く愛される店になって欲しいと思います。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-21 09:49 | 池袋ラーメン戦記

南池袋にて

a0002735_19185980.jpg

力ぬけました
[PR]



by gesotoku | 2004-09-20 19:17 | 雑談・愚痴

飲みざま。

a0002735_1865366.jpg
携帯からでも投稿できるようになったみたいですね。知りませんでした。
コロナとタバコ、そして250円。いったいなんだこら。
何時撮ったかよう覚えておりませぬが。
普段はこのようにビンボくさーく一人手酌をすすっております。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-17 18:05 | 雑談・愚痴

映画観

映画としての広がり、ということについて考える。
膨大な裏設定、本当はこうなんだ、ああなんだ、という楽しみ。
二度三度と違う見方で楽しめる、なるほどいい映画だろうと思う。

スターウォーズとかまさに好例。
エピソード2でクライマックスにジェダイがゾロゾロ出てくるが、
チョイ役見切れ役でもかなり詳細なデザインワークと設定が施されている。
でも、「その事を知らなければ映画世界を理解出来ない」訳ではない。

でも、
「前提として前知識が要る映画」はかなり嫌いな部類だ。
京都の料亭みたいなところで、「一見はんお断りどすえ~」って言われているような強い疎外感を感じる。誰だって最初は一見はんやないか。

パッと見に行って客を楽しませる、というのは前提ではないのか。
いや、何を言ってもまずは商業作品なわけだから。
いまはインターネットがあるし、アーティスティックな小手先小細工がやりたかったら、
いくらでも手段は開けているはず。事実ネットで商業ベースじゃ味わえない映像というものはあるわけだし。

『イノセンス』という映画がある。タイトルを一読しただけでは判らないが、
アニメ映画「攻殻機動隊」の続編である。
ギブスン、ディック、ハインライン、アシモフ、軍事知識、ネット知識、生化学などなど前提となる知識がもう膨大なわけ。もううんちく垂らす余地がもうテンコモリな漫画。
全部を語るのは野暮、詫び錆び、浮き彫りの美しさ、全て理解しているつもり。
でもそれとこれとはどうしたって違うだろうと思うのだ。

情報量の多さはあくまで二次的副次的なものであるべきで、
それ自体が目的になってしまってはただのオタクのマスターベーションに過ぎないだろうに。
二時間なら二時間の中で楽しませてナンボ、まずはそこからと思う。

そんな私の映画観。
ちなみに一度も映画で寝た事は無い。ただの貧乏性だけど。

そういえば今度池袋シネリーブルで「恋の門」やるらしいっす。
主演は酒井若菜と松田龍平、監督松尾スズキだって。へぇ。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-17 16:54 | 雑談・愚痴

池袋・「お客様参加型ヘンテコカフェ」

かねがね噂になっていた"お客様参加型・ヘンテコカフェ"
「マッシュマンズカフェ」に行って来た。

ラーメン「マスマス屋(※既に閉店。現在はラーメン「黒田武士」になっている)」隣のビル2F。

リピーターにはクリエイター関係者が多く、ikeike55のnonakaaan氏もちょくちょく足を運んでいるらしい。

店内の家具は全て「マスター手ずから開業前にコツコツとこさえた」という。

手作りの家具はニスでテカテカでピッカピカ、しかもすこぶる頑丈。スゴイ。
ラッカー塗料に染まった席が店内全体でモザイクを生み出す。
がっちりした椅子の表面をなでながら、思わず技術工作の授業を思い出す私。
集中力の無い私は椅子とか図面とか作るのが、もう心底苦手だった。
「グラグラしない椅子」というのは尊敬に値する優れものアイテムなのだ。
延々と椅子をイジって遊んでいると、妙な目をされつつ注文を聞かれる。

「うむ、鳥肉とエビのタイ風どんぶりをください。」

しばししてランチがやってきた。
ごはんがプリプリのツヤツヤでよく炊けている事にまず驚く。
地味だが、こういう仕事は難しいのです。マヨネーズと醤油のソースだが、
あくまでさっぱりとした味わい。あくまで主役はゴハン!と言った感じ。
まず飯を食わせる、という部分では平和通りのブーミンに共通する印象だ。

天井から壁から問わずペンキ塗りの墨痕鮮やか。
店内はサイケとソウルテイストに満たされている。
あちらこちらにぶら下がる謎、謎、謎、のアイテム群。
入り口トイメンには「展示コーナー」、
壁沿いには「販売コーナー」と称して、お客が品物を置かせてもらっているらしい。
ちょっとした素人写真、画集、詩集が積んであり、
「ご自由に見てください&気に入ったら買ってね」
という事であるらしい。

このテイストにハマっちゃった人達が、今日も今日とて「参加」しにいくのだろう。
以前は客参加でアコギライブもやったそうで、まさに何でもアリ。
店も手作り、お客さんも手作り、まさに"DIYカフェ"というにふさわしい。
ランチも旨かったが、夜のバースタイルも多いに気になるところ。

そこにいるだけで楽しい気分にさせられる。
和むだけがカフェじゃない、って事で。

ちなみにサイトはこちら。これも手作りっぽい感じで、逆にイイ感じ。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-12 09:10 | グルメ

セルフうどんの「さぬき小町」が…

南池袋 東通りのセルフうどんチェーン「さぬき小町」がなくなっていた。

1フロアぶちぬき・110席の広々としたスペースで、
繁華街というよりかは専門学生・予備校生が多目。
場所柄としては悪くなかったとは思うが、いかんせん広すぎて
雰囲気が良くなかった。社食・学食っぽくて、いま一つ垢抜けないイメージだ。

いわゆるこの手の元祖・「はなまるうどん」の渋谷店もこんなには広くなかったと思う。
さぬき小町はやはり立地を誤ったのだと思う。

最初こそ「セルフうどん」は物珍しかったが、そこは東京、もうあちこちに同業がある。
「うどん100円から」というアオリ文句は一見格安感があるのだが、それは小盛りの素うどんの話。
普通盛りで天ぷらとかオムスビあたりつけるともう600円を超えるので、
結構な値段になるわけである。

あと、調理の質が悪くなった。これが致命的だ。
当初はまずまずだったが人員削減し、教育も甘くなったのか、
グニグニと固いだけの感触で、コシを味わうというのは物足りないものだった。

ここでファーストフード等であれば、企画力を生かし、
目まぐるしく新製品を展開して目先を変えたりなどもするのだが、
そこは「うどん屋」という制約もあってかそういう動きも鈍い。

物珍しさも無くなり、単価もそれなり、質も落ちて、手も打たないとなれば、
なるほど納得行く結果だったのかもしれない。
これだったら同じ通りの「六花そば」に行くという道理だ。
チープ&リーズナブル。きっちりハラが据わっている。

聴く所によるとやはり営業不振のようで、今年の春先に「すかいらーく」へ営業譲渡したらしい。
現在残っているのはサンシャイン60通りの角、元珈琲館だったところ
(ここのコロンビアが俺は好きだったのだが!)の一店のみだという。

で、巨星?が落ちた東通りだが、隣の「うちたて屋」はなんだかんだでシブトク残っている。
その場で作る手打ちの麺を漬け汁で頂くというタイプで、うどん喰いにもなかなか好評だった。

さぬき小町の出店時は影響をモロ喰らっていたらしく、
部外者ながらも傍目に心配ではあった。
ここは単価が安いわけでもないが、いつ行っても味が安定している。
同じウドンだが、そこにしかない味。そういう所はやはり残る。
栄枯盛衰というには大げさだが、とても象徴的な話だ。

ちなみに横路地入ったところにある硯屋(すずりや)も美味しい。
東通りを雑司が谷墓地方面に進み、サンクスのある角の次を左へ行くと見える。
無闇にコシをアピールする今流行りのウドンとはまた違った、「豊かな感触」が味わえる。
うどん以外のサイドメニューも素材から拘っているので、大人志向と言えそう。
[PR]



by gesotoku | 2004-09-07 16:21 | 池袋の話

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧