こちら豊島区池袋雑食課

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧




「嫌われ松子の一生」 ドラマ化だってよ

「嫌われ松子の一生」内山理名でドラマ化 - 芸能ニュース : nikkansports.com

今公開中の映画は未見だが、原作におけるドロドロした転落人生を
中谷美紀独自の女優性と中島監督独自の映像美で上手く
エンタテインメントとして昇華した良作という評判を聞く。
逆にいえば「原作をうまく料理できている」わけだ。
原作がすこぶるに手放しで無条件に素晴らしいわけじゃぁない。

やりゃぁいいってもんじゃねぇ。

まして映画でオーケーならドラマでもオーケーみたいな、
そんな簡単なものであるはずがないのだ。企画優先の匂いがプンプン。
やはり電通のしわざか。

で、内山ですよ。内山くんじゃないですよ。理名の方。
やぶにらみでフテブテシイのは共通するかもしれんが。
彼女って確かデビューしたてくらいは首も細くて、
まだ少女性があってかわいらしい方だったんですけど、
今の状態は見るとなんかね。えらくあつぼったい。
成長期を過ぎて顔の形変わったんだろうな。
そうするとそれまでの持ち味であった凛とした存在感も、
少女性ありきのものであったことがヒシヒシ分かるわけよ。
これは丁度観月ありさや鈴木杏も同じ病状に陥ってると思う。

あと、少女性がウケた女優って二十代になるのが難しかったりするよな。
内田有紀も広末涼子も同じ壁に当たっていた。
「美少女」と「美女」って陸続きじゃないと俺は思っている。
両者の間には結構な距離の、飛び越えていかざるを得ない溝を感じる。
その点中谷美紀は既にしてイメージが固まる頃には既に「美女」であった。
アイドル時代に殆ど無名だったのが逆に幸いしているともいえる。

で、「嫌われ松子」に話を戻すと、正直ドラマ化なんかには興味はない。
山田孝之は何役で出るの?ともうキメ打ちしてるくらいの、
「どーせいつものアレだろ」感満載なわけである。
電車男といい、「セカチュー」といい、なんかもうそういうマーケティングパターンが
織り込みずみなのだろうか?

しかし中谷美紀から内山理名ってなぁ…。ふー。
もちっと浮世離れ感とエロスの微妙なブレンドが必要だと思うけどな。
でも、そういう意味では劣化コピーとか模倣とかを微塵も思わせないキャスティングは、
ある意味正解かもしれないけどね。別物として消化できたなら勝利と言えるだろうし。誰の。
まぁとにかく、同じ原作でも、かくにごとくにテイストは変わるものだ、
という化学実験みたいなものとうけとめて、今回はスルーでございますよ。
[PR]



by gesotoku | 2006-06-30 09:53 | コラム・批評

「松ちゃんラーメン」 要町店が閉店!?移転!?

「何やてェ!?」
a0002735_1816186.jpg
※写真は本内容と何ら関係がございません(笑)

まず、松ちゃんラーメンってなあに? ってことからだと思うので軽く説明をば。
知る人は知っている、知らない人はナンダソリャの老舗のラーメン屋。
東京へ着たばかりの頃から、ちょいちょいとお世話になってきている。
松っちゃんラーメンは池袋と要町とに2店舗あるわけだが、
今回閉店するのは要町店の方。
池袋駅から要町通りに入り、山手通りを右に抜けたところに店を構えているのだが、
「閉店するらしい」と耳にしたときはやっぱり多少なりとも驚いた。
要町店には随分足が遠のいていたから、
「もしやあまり経営状況がおよろしくないのだろうか??」
とオロオロしていたのだが、
ここの数年行われている、道路拡張工事に伴っての閉店であるそうだ。
ただの杞憂のようで何よりだ。
しかし、移転先が現在見つからないままだそうで、それが少し気がかり。

この店はいわゆる「パネル系」である。
パネル系とはすなわち、メニュー写真がズラズラパネルで陳列してある類の、
街のどこかに一つはある「いかにもな」大衆食堂系ラーメンのこと。
言葉の定義づけはそれにつきるのだが、世の中面白いもので
どこでもよく見るお店というのは、その光景もまた似たり寄ったりだったりする。
例えば、

・あくまで「ラーメン屋」であると標榜。大衆食堂とは言わない。
・妙に品数が多い
・ラーメン屋なのにラーメンは至極ふつう。
・実は定食の方が旨い。
・そしてオヤジ率が異様に高い
・むしろオヤジはラーメン喰わない
・ていうか入るなり瓶ビールと餃子。たまの贅沢は味噌ラーメン。
・女性店員は85%くらいの確率でアジアン。超アジエンス。
・深夜に行くとよくオッサンが寝てる。起こされるが、やっぱりそのまま寝てしまう。

てなところのお店だ。
これを読んだ諸氏にも、いくつか心当たりがあるのではないだろうか。
池袋住民の為に、イメージの喚起を助成するために実名サンプルをあげると、
「一番館」
「玄や」
「福しん」
そしてこの「松ちゃんラーメン」になるだろうか。「おいゲソ!まだあるぞ!」って人は是非コメントを。
ただ、その他パネル系食堂系ラーメン店の多くがチェーン展開なのに対して、
やっぱり地元独特の雰囲気というか、妙な情緒や味わいがある。
池袋で二代に渡って培ってきた長年の雰囲気とでもいうのだろうか。
俺は多分この先も近い池袋店に通うとは思うのだが、それでも新店舗が出来たら
一度は顔を出してみたいと思う。親しんでいるお店が頑張っている所を見るのは、
やはり気持ちいいもんね。
ちなみに個人的なお勧めは「辛子味噌ラーメン」。
リンゴが仕込んである味噌に、カラーイ辛味噌がたっぷり入ってアツアツのひぃひいだ。
[PR]



by gesotoku | 2006-06-29 18:17 | 池袋ラーメン戦記

お気に入りの古本屋「mediamassage BOOKS」

a0002735_945810.jpg

東池袋駅近くにある"mediamassage BOOKS"は、2005年3月に出来たばかりの小さな本屋。
ワンフロアの床面積なんて多分五坪ないんじゃないかな。
それが三階建てに縦に連なっているという奇妙なカタチの建物。
勿論見てのごとくで大変に手狭なのだが、それだけに置いてある本は選び抜かれたユニークなものばかり。
なかなかセンスというか目の付け所の鋭い本が多い。セレクト古書と言えるのかもしれない。
この日はたまたま見かけた立ち飲み本「酒とつまみ」と、ブラジルのミニコミ誌「banca」を
いくつか買いあさって、すっかりご満悦したのだった。
だけど、もともとこの場所が昔エロビデオの自販機だったことは誰にも内緒だ。
こういう店がちょこちょこ増えると池袋も面白くなるのにね。

お店のページはこちら
[PR]



by gesotoku | 2006-06-26 09:45 | 池袋の話

東池袋駅フリーマーケット

a0002735_19131340.jpg

またやってきたか!
今度は自分でも出店してみようかな
[PR]



by gesotoku | 2006-06-22 19:13 | 池袋の話

池袋東口 ラーメン「黒田武士」

a0002735_13125678.jpg


ベーシックな豚骨ラーメンが出てくるお店。悪く言えば凡庸、よく言えば無難。
400円という値段を考えるとこんなものかなとも思うが、
言ってみればトンコツしかない「福しん」のようなものか。
もう一つ何か特色があるとガラッと印象が違って見える気もする。
東京のラーメン屋という土地柄か、何故かこの店でもつけ麺が出る。
でも漬け汁が餃子のタレみたいで塩ッ辛く、正直あまり好みではないなぁ。

東京都豊島区東池袋1-39-20 慶太ビル1F
営業時間11:00-23:00 無休
[PR]



by gesotoku | 2006-06-21 13:12 | 池袋ラーメン戦記

モチはモチ屋。

先日、渋谷の「Cafe ApresMidi」へ久しぶりに足を運ぶ。
ふかふかソファと極上のフリーソウルを求めに行ったわけだが、
しかしこの日は掛かっている曲になんだか違和感。
ずっとモダンジャズっぽい曲ばっかりかかってるのである。
ジャズをやるなとはいわないが、それを聞くなら他所へ行く。
ラウンジ系ミュージックに身を任せていたかったのに、肩透かしである。
両者の境界線が微妙なのは言うまでも無いが、
初めて"Marine"を聞いた時にワクワクして聴けたあの快感は、やはり無い。
極上のリズムや洒脱なスキャットがおりなす、「中産階級の避暑地テイスト」が無い。
なんだか微妙な空気だった。いや、正直言えば寂しかったのだ。
まさかとは思うが、楽曲の嗜好に変化が起こったのだろうか?
でもそれじゃ存在意義の崩壊であるし。また次行こうとは思うのだが。

例えて言うなら「サラダマック」のような物である。
「客」は君たちにソレを期待してはいない。
サラダ食べるなら、ダイエットするつもりなら、
いずれにせよ他所へ行ったほうがいいんだから。
あ、でも、いつも居るヒラメ顔の店員だけは相変わらずの
飄々としたたたずまいで、そこだけはなかなか和みの境地ではあった。
[PR]



by gesotoku | 2006-06-12 14:12 | 雑談・愚痴

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧