こちら豊島区池袋雑食課

タグ:ラーメン ( 11 ) タグの人気記事




最強のコストパフォーマンス 茗荷谷 『新発田ラーメン 蔦家』

a0002735_17435991.jpg

東池袋から護国寺に進み、さらに不忍通りを直進、ただひたすら直進すると
やがて右手に真っ赤な看板が見える。

清潔感は正直あまりない。やってるかどうかは誰にも分からない。
営業時間も定休日も微妙に不明という謎のラーメン屋である。
新発田ラーメンと名が付いてはいるが、新発田(新潟の地域名)には
このようなラーメンはないという。蔦家と名は付いていて、例の青みがかった丼ながら
家系でもないという。なんともはや。

だがこれがいい。ガツンとくる豚の臭いが店内に充満している。
ラーメンは420円という安さ。味は豚骨の香りぷんぷんな醤油一種類のみ。
ネギラーメンが700円しないんですよ奥さん!(正確な値段は忘れたが、確かに650円くらい)
タップリのネギと、細切れチャーシュー(この辺も家系っぽいんだけどなぁ)がイイ!
そして味玉までついてる。やや保温しすぎてアレなライスと一緒に食べるこの幸福感よ。

しかしここは本当に21世紀をこした日本国なのだろうか。
タガかネジか、何かが外れたようにハイテンションで明るい、
でもどこかくたびれた(失礼!しかし逆に褒め言葉)ご主人。うむ、好きだ。
この店全体が織り成している、なんともいえない風情がたまらない。もっと近ければいいのに。

「洗練」とは本当に、まったくもって無縁だが、クセになる味なのは間違いない。
麺は中くらいの太さでズルズルいける。何故かはわからんが、ちょっとのびるのが早いかな?

新発田ラーメン 蔦家
住所東京都文京区大塚3-24-4(最寄り駅は茗荷谷が近いです)
営業時間???
定休???
[PR]



by gesotoku | 2008-10-01 22:41 | 池袋ラーメン戦記

福しん 満漢全席

――もしおまえが、この先、社会と言う名の荒波に出て、
そしていつか、区役所横あたりの福しんにて飲む生ビールの味に目覚める日が来るだろう。
そうしたら先生はおまえにこう言うだろう―それが、オヤジ化だ。どうもこんばんはgesotokuです。
a0002735_85077.jpg

いやあ~、いまさらながら生ビールが美味しい季節ですな。
この、ウンパイロウ(ゆで豚に辛味ダレがけただけのやつ)がなかなかオツなんだよ。
何せこれで150円ってのがいいね。ヘリでやってきた落合信彦でもこの一杯の味わいばかりはわかるめえな。
a0002735_850746.jpg

マーボー豆腐は最近隆盛しつつある山椒の効いた本格的なやつでななく、古典的・家庭的・もっといえば丸美屋甘口的な味付け。これはこれでアリだよなとは思うが、こちらはちいと物足りないな。福しんの偉い人、これ見てたら改善を検討して下さい。
a0002735_850725.jpg

あと、最近? 出来た海老ソバ。これバカ旨! とろみのついた塩味スープで、
往年のカネボウ広東麺に迫る味わい。迫る側か。
[PR]



by gesotoku | 2008-09-04 08:50 | 池袋ラーメン戦記

阿佐ヶ谷 『馬鹿豚や』 とんこつラーメン

ムズムズと急な衝動が押しよせ、九州系とんこつラーメンが食べたくなるときがある。
近所では大塚駅北口の『ぼたん』が専ら自分の中での定番である。
目下一押し、というやつで人に「豚骨でオススメは?」と聞かれたときは、
だいたいそこを薦めている。

しかしある日、知人に「私向け」のキョーレツなラーメンがあるという情報を受けて、
週末に東西線で足を延ばしてみたところ『ぼたん』にも劣らぬ、
そしてある意味ではそこを凌駕するラーメン店に出会った。

阿佐ヶ谷の『馬鹿豚や』である。ばかぶたや、と読む。
……ラーメンの味そのものなのか、はたまた、おれの見た目と店名を照らし合わせての判断
なのかはともかく、曰わく「gesotokuにふさわしい」とのこと。さよけ。
店は阿佐ヶ谷を北口に出てまっすぐ10分ほど歩いたところにある。

a0002735_23543514.jpg

ラーメンは正統ノーマルの「とんこつラーメン」のほか、
背脂がたっぷり入った「こってりラーメン」もある。ちなみに替え玉は100円ナリ。
麺の固さは粉落とし、ハリガネ、バリカタ、かため、ふつう、やわめから選べる。

スープの味は塩と醤油の二種類があるとのこと。へえ、この手のラーメンじゃ珍しいな。
とりあえず今回はプレーンな(?)塩をチョイスしてみた。
鼻腔をくすぐる、いや、突き刺すかのような強烈なブタスメル。
これだ! こういうラーメンがおれはたまらなく好きなんである。
獣臭さの残ったワイルドなスープ。しかしそれだけに紅しょうがが大変によく合う。
「完熟3度焚き」という謳い文句のとおり、絞りつくした豚骨のエキスが絶品である。

a0002735_2354362.jpg

サイドメニューも色々ある。ちょっと珍しい感じの味玉くずしご飯を頼んでみた。
トロッとした黄身と甘しょっぱいタレが抜群にあう。これおいしいなぁ。

a0002735_23543647.jpg

すっかり満足して店を出て、ふと目を留めるとこんな能書きが店外の壁に貼ってあった。
店の人の愛想も良かったし、なかなかユニークな店だった。今度またこよう!


住所〒166-0001 東京都杉並区杉並区阿佐ヶ谷北4-4-8
電話番号03-3339-8878
営業時間11:30~15:00 18:00~24:00 
年中無休
[PR]



by gesotoku | 2008-07-07 20:46 | グルメ

西川口 「ラーメンHOUSEリュウビ」

一部知人周辺にはご存知の事ながら、筆者はかなり三国志ファンである。

とくに、ナムコがむかし出していたファミコン版の三国志が妙に好きで、
ナムコ三国志のTシャツがネットショップで売っているとの情報(外部リンク)をゲットして興奮していたのだが、おれがみつけた時点ですでに完売していた。

なんだ残念だなぁ……このモヤモヤをひきずりながら適当に三国志ワードで検索していたところ、
なんとラーメン屋に「リュウビ」という店があるとの情報をキャッチ。

場所は西川口。これはいくしかない。
というわけで、何の前情報もあえて持たず早速行ってみる事にした。はい、お察しのとおりガチガチの暇人です。
埼京線で赤羽経由、京浜東北線に乗り換え、電車に揺られる事しばし。

a0002735_2232441.jpg

おお、あった! これだ!

a0002735_2232529.jpg

そして良く見ると店の窓にはしっかりと「劉備」の文字が。
言い逃れの余地なく、間違いなく三国志由来だ。
しかも有限会社なのね。

a0002735_223252.jpg

残念ながら中に武将は居なかった。入った瞬間にドラがジャーンジャーン鳴って
孔明の伏兵が両脇から飛び出してくる事も無かった。ふむう。
そのかわりやけに愛想と元気のよいメガネのおいちゃんがひとり。
孤軍奮闘というほど忙しそうでもなく、手際よくラーメンが出てきた。

a0002735_2232433.jpg

ちなみにラーメンは醤油・塩・味噌が一律550円。安い!
看板の雰囲気からなんとなくそれっぽかったのだが、
いわゆる「ラーメンショップ」系統の味。具はわかめ、メンマ、ノリ、チャーシュー。
豚骨ベースで、わずかに柔らかめの麺というところも共通する。違うのは丼の一面びっしり
の背脂。といってもスープはむしろアッサリ目でスッと飲めちゃう。
備え付けのトウバンジャンをガンガン入れるか、ネギラーメンにすることを勧めたい。

a0002735_2232485.jpg

こっちはセットメニューの「とんキム丼」。豚キム丼ではないのね。
食べてみるとゴマ油の風味とチャーシューとキムチの相性が抜群。
そしてライス自体が存外に旨い。

物凄くおいしい!ということもないけど、近所にあったらきっと通ってるだろうなぁ。
店内を見渡してみたけど横山光輝三国志はなかった。
名前以外は三国志を感じさせるものは無く、「有限会社リュウビ」の謎は深まるばかりだった。

ラーメンHOUSE リュウビ

埼玉県川口市西川口2-10-24
電話番号048-254-8800
営業時間11:30~深夜4時
[PR]



by gesotoku | 2008-06-22 14:57 | グルメ

『千石自慢』西巣鴨店 塩らーめん

a0002735_21443081.jpg

お気に入りの店のひとつ。
かつては北池袋にもあったんだけど先だって閉店してしまったので、今回そのまま足を延ばして明治通りを大正大学方面へ。ここには西巣鴨店がある。

背脂ギッシリ&タップリの濃厚スープと、コシのある太麺でガンガン喰わせるパワー系の豚骨醤油ラーメンがここのおなじみの定番なんだけども、今回はあっさり目の塩らーめんにチャレンジしてみることに。

こちらは鶏と豚骨のブレンドスープで、この店の例に漏れず背脂がふんだんに入っているが、思ったほどしつこくない。むしろやさしい。
中盤で少し刺激がほしくて備え付けの黒白ダブルコショーをかけてちょっと試してみたところ、故だか微か~に味わいが『サッポロ一番』ぽくなりかけたのであわててとりやめた。
ズルッといけちゃう細麺で、こちらも醤油とはまた違った味わいでさっぱりといただけた。

『千石自慢ラーメン』 西巣鴨店
東京都豊島区西巣鴨 3-19-9 地図
営業時間 11:30~翌1:00 水曜定休
TEL 03-3949-4373
[PR]



by gesotoku | 2008-06-07 21:44 | 池袋ラーメン戦記

池袋 ときわ通り 『なんつっ亭 池袋店』

a0002735_18591184.jpg

a0002735_1859136.jpg


カップ麺で全国的にも有名。池袋北口界隈にオープンした。

濃い。
どんぶりがやけにこぶりで、ちょっと少なめかなと拍子抜けしたが
まるまる一杯食べると割りとまぁ、満足。

かつて本店をテレビなどでみたことがあるのだが、
ここも何故か店員がみなどことなくヤンチャっぽい。なぜだろう。
[PR]



by gesotoku | 2008-05-09 23:22 | 池袋ラーメン戦記

来年一月に東池袋大勝軒が復活

a0002735_0563790.jpg

a0002735_0563726.jpg

a0002735_0563729.jpg

再開発に伴い惜しまれて引退した山岸氏の後を受け、というわけで2代目マスター飯野氏(かつての滝野川店長)による再スタートらしい。場所は東池袋の高速下の一帯。でかでかと求人ポスターが貼られている。
しかもおなじみのお持ち帰り用『年越しソバ』の予約が先行して復活するらしい。二十五日から予約が可能なようだ。喰わねば!

ファンの声に“引退”撤回…元祖「つけ麺」来月再開 東池袋大勝軒(MSN産経)
[PR]



by gesotoku | 2007-12-20 00:56 | 雑談・愚痴

池袋西口 『らーめん 七志 とんこつ編』 匠とんこつ

a0002735_19223047.jpg

ロサ会館横の立ち飲み屋の向いに面したお店。
今回は匠とんこつ+白髪ネギの組み合わせで注文した。
匠とんこつは新味メニューで、曰く徹底的にアク抜きしたまろやかなとんこつとのこと。
味は『玄武』のげんこつラーメンに似ている感じで、確かによりまろやかな飲み口。コダワリ派的な名前の割にノーマルラーメンより値段が安いのも玄武げんこつと共通する。
醤油豚骨系の流行りなのかしら……。
オホゥ~、にしてもこいつぁ旨い。中太ストレート麺も相変わらず良い噛み応えとノドゴシでグッド。

営業時間 11:00~翌4:00
住所 東京都豊島区西池袋1-38-3 ビートス池袋
TEL 03-5950-4774
地図はこちら
店舗情報はこちらから
[PR]



by gesotoku | 2007-07-23 19:22 | 池袋ラーメン戦記

池袋東口 『麺や ケン・シロー』 納豆つけ麺

a0002735_0115797.jpg

ケ、ケンシロー?
ユニークで目に付く店名だが、別に北斗の拳は関係ない。あと一応松浪も関係ない。
あとちなみにケンシローではなく、ケン&シローなんだそうだ。店主の名前?
ふむ、つまりゴンチチみたいなものだな。
a0002735_0115756.jpg

納豆つけ麺の文字が興味を引いたので思わず入店してみた。
早速納豆つけ麺(850円也・普通のつけ麺は750円)を注文。ちなみに大盛りは無料とのこと。
a0002735_0115849.jpg

魚粉がふんだんに入ってるのか良い香りがプンプン。納豆は中に入ってて、いわば納豆汁の要領なんだが意外や意外で結構イケる。
Wスープが売りの漬けダレは味わいが濃厚で甘みが豊か。辛味酸味はそれほどきつくなく、後味がサッパリしていて食べやすい。
a0002735_0115915.jpg

うっすら透き通った麺もプリプリツルツルでなかなか良い。食べ心地が良い麺だ。
店内の雰囲気が割と地味で、店員もいつものイラサマセ系アジア女性だったから最初は少し嫌な予感がしてたんだけど、いや、つけめん自体はかなりよい。
これは掘り出し物かも!

名前 麺や ケンシロー
住所 豊島区東池袋1-39-20
定休日 無休
地図はこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-07-23 00:11 | 池袋ラーメン戦記

北口『つけ麺屋 のぶなが』

a0002735_8402947.jpg

かつて『灰汁美』があった場所にできたつけめん屋。
西口にも新店をオープンするなどして、なんだか随分好調っぽい。

今回はつけ麺あつもりをチョイスしてみた。ちなみに普通(250g) 中盛り(400g) 大盛り(550g)はどれも同じ価格。さらに上行く『特盛り(700g)』もあり、こちらは100円増し。
第一印象は『やすべえ』に似た感じ。スープの風味やタレの甘味・辛味具合もなんだか似ている。豚骨ベースに魚ダシの風味がマッチしてて大変美味。タップリのネギも嬉しい。底には沈んだチャーシューがゴロゴロ入ってて良い。

あと、麺がストレートの太麺でツルツルタイプなのも『やすべえ』に似てる。くらべるとモチモチが弱めかな。好みの問題だとは思うけれども。あと、麺がくっつかないようにお湯がヒタヒタに張ってあるんだけど(釜揚げうどんの要領ね)、ジャブジャブしすぎててちょっと見た目によろしくない気がした。


つけ麺屋 のぶなが 北口店
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-42-8
電話番号 03-3984-1887
営業時間 11:30~23:00
[PR]



by gesotoku | 2007-06-24 08:40 | 池袋ラーメン戦記

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧