こちら豊島区池袋雑食課

タグ:池袋 ( 19 ) タグの人気記事




ガールズバー?

a0002735_2293723.jpg

キャバクラとはどうちがうのか、誰ぞ教えてくれんか。
[PR]



by gesotoku | 2007-08-10 22:09 | 池袋の話

メイド耳掻き

a0002735_18353255.jpg

いくら『昨今に於けるメイド』というものがもはや本質から遠く離れて形骸化した、いち流行の産物に堕したものだとしても、これはないよ。
『品格』『萌え』とも全く無縁な存在感。メイドというものの美学・ないしは建前皆無の即物的デザイン。
なんだかいっそ清々しくさえあり、圧巻である。
一番の興味・疑問はこの店の『メイド』は何を以てメイドなんだろうかということ。というか、お散歩コースで外出するメイドってなんなんじゃい。

こんなもん結局は準風俗・軽風俗産業だろ、と言う開き直りが聞こえて来るかのようだ。
よく、『オバハンまで使い出したらそれはもう死語』みたいな話があるが、行くところまで行き着いたなぁ……としみじみ思う。
ブームの終焉の兆しを垣間見た気持ちだ。
[PR]



by gesotoku | 2007-07-27 00:01 | 池袋の話

池袋東口『もうやんカレー』皮付き豚角煮カレー

a0002735_20353693.jpg

西新宿で名を馳せた異色のカレー店が池袋にコッソリやってきた。
店へと続く地下への階段を下りると、新しい木の匂いが残る、ザックリとした木造りの内装が広がる。ところどころにあるミョー物体と独特のヘタ字ポスターが若干妙な雰囲気をかもし出しており、若干の場違い感を腹に秘めてメニューに目を落とす。

ということで今回は豚角煮カレーを注文。1450円なり。若干値段が高めかな……とも思ったのだが、
出てきたモノを見てこりゃ充分に相応と悟った。

まずなんといっても基本的にボリュームが凄い。普通盛りでライスが350グラムある。女性の方は八分盛り(200グラム・マイナス150円)にしてもらうのがいいとおもわれる。

カレーソースがバカウマ。
サジでソースをすくって一口した感想は、アマジョッパカラスッパ@☆%…! という感じ。
スパイスの風味とスープのコクとフルーツの甘み酸味がホギャーって感じ。

ポスターに書いてた蘊蓄に曰く、
「もうやんカレーのカレーソースは作ってからお客様の口に入るまで約2週間じっくり煮込んで、じっくりねかせた本物のカレーソースです。カレーソースの中にほとんど溶けているのでわかりませんが、玉ねぎ・人参・セロリ・りんご・バナナ・トマト・ニンニクなど野菜をふんだんに使いました。玉ねぎだけでも1食あたり1個分というものすごい栄養価!さらに漢方としてそのまま使えるスパイスを23~26種類、日本の気候に合わせてブレンドいたしました。これらをコラーゲンたっぷりの牛と豚のフォン(だし汁)でのばしました」
とのこと。
そもそも2週間煮込むってどないやねん。これだけ色んな旨味が凝縮してるのもむべなるかな。

カラさも1~10段階まで指定できる。ちなみに今回は「4」でやってみたが、中辛~辛口といったところ。食べられないほど辛からず、適度に刺激的で良い。

角煮は皮がプルプル! 噛むと豚肉の風味が生きたワイルドな味わい。そのへんの中華でもちょっと食べられないようなお肉だすよ。

もうやんカレー池(池袋店)
住所 東京都豊島区東池袋1-28-3 市川ビルB1
電話&FAX:03-6909-3398

営業時間 昼11時30分~15時(L.O.14時30分)/夜18時00分~23時30分(L.O.22時30分)

お店のページはこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-07-26 07:37 | グルメ

池袋西口 『らーめん 七志 とんこつ編』 匠とんこつ

a0002735_19223047.jpg

ロサ会館横の立ち飲み屋の向いに面したお店。
今回は匠とんこつ+白髪ネギの組み合わせで注文した。
匠とんこつは新味メニューで、曰く徹底的にアク抜きしたまろやかなとんこつとのこと。
味は『玄武』のげんこつラーメンに似ている感じで、確かによりまろやかな飲み口。コダワリ派的な名前の割にノーマルラーメンより値段が安いのも玄武げんこつと共通する。
醤油豚骨系の流行りなのかしら……。
オホゥ~、にしてもこいつぁ旨い。中太ストレート麺も相変わらず良い噛み応えとノドゴシでグッド。

営業時間 11:00~翌4:00
住所 東京都豊島区西池袋1-38-3 ビートス池袋
TEL 03-5950-4774
地図はこちら
店舗情報はこちらから
[PR]



by gesotoku | 2007-07-23 19:22 | 池袋ラーメン戦記

池袋東口 『麺や ケン・シロー』 納豆つけ麺

a0002735_0115797.jpg

ケ、ケンシロー?
ユニークで目に付く店名だが、別に北斗の拳は関係ない。あと一応松浪も関係ない。
あとちなみにケンシローではなく、ケン&シローなんだそうだ。店主の名前?
ふむ、つまりゴンチチみたいなものだな。
a0002735_0115756.jpg

納豆つけ麺の文字が興味を引いたので思わず入店してみた。
早速納豆つけ麺(850円也・普通のつけ麺は750円)を注文。ちなみに大盛りは無料とのこと。
a0002735_0115849.jpg

魚粉がふんだんに入ってるのか良い香りがプンプン。納豆は中に入ってて、いわば納豆汁の要領なんだが意外や意外で結構イケる。
Wスープが売りの漬けダレは味わいが濃厚で甘みが豊か。辛味酸味はそれほどきつくなく、後味がサッパリしていて食べやすい。
a0002735_0115915.jpg

うっすら透き通った麺もプリプリツルツルでなかなか良い。食べ心地が良い麺だ。
店内の雰囲気が割と地味で、店員もいつものイラサマセ系アジア女性だったから最初は少し嫌な予感がしてたんだけど、いや、つけめん自体はかなりよい。
これは掘り出し物かも!

名前 麺や ケンシロー
住所 豊島区東池袋1-39-20
定休日 無休
地図はこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-07-23 00:11 | 池袋ラーメン戦記

北口『つけ麺屋 のぶなが』

a0002735_8402947.jpg

かつて『灰汁美』があった場所にできたつけめん屋。
西口にも新店をオープンするなどして、なんだか随分好調っぽい。

今回はつけ麺あつもりをチョイスしてみた。ちなみに普通(250g) 中盛り(400g) 大盛り(550g)はどれも同じ価格。さらに上行く『特盛り(700g)』もあり、こちらは100円増し。
第一印象は『やすべえ』に似た感じ。スープの風味やタレの甘味・辛味具合もなんだか似ている。豚骨ベースに魚ダシの風味がマッチしてて大変美味。タップリのネギも嬉しい。底には沈んだチャーシューがゴロゴロ入ってて良い。

あと、麺がストレートの太麺でツルツルタイプなのも『やすべえ』に似てる。くらべるとモチモチが弱めかな。好みの問題だとは思うけれども。あと、麺がくっつかないようにお湯がヒタヒタに張ってあるんだけど(釜揚げうどんの要領ね)、ジャブジャブしすぎててちょっと見た目によろしくない気がした。


つけ麺屋 のぶなが 北口店
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-42-8
電話番号 03-3984-1887
営業時間 11:30~23:00
[PR]



by gesotoku | 2007-06-24 08:40 | 池袋ラーメン戦記

神座

a0002735_1953259.jpg


大阪で有名だという神座が池袋にも進出してきた。
メインメニューは「おいしいラーメン」。こちらの主観無視であるが、「おいしい」のだそうだ。
一度ではなく、二度三度といくたびに美味しさを感じられるラーメン、という謳い文句。

a0002735_19532444.jpg


写真は「おいしいラーメン」の大盛り。
丼の直径がデカくて最初は気圧されたが、底が浅いので案外すんなり食べられた。
見る限り白菜が沢山浮いている。入っている、というより浮いているというのが妥当な印象。
スープをすするとあっさり醤油味、白菜の甘みがほのかに。
黄色がかった、やや細の麺はコシや風味もごく普通。
特別美味しいというわけでもなく、サッパリいただけるとは思うんだが、
いわゆるラーメンファン・ラーメンマニアの脳髄をくすぐる中毒性はない。
900円という単価を考えると……可もなく不可もなく、やや不可気味? うーん…。

あ、でもこういうアッサリ系はお酒を飲んだ帰りにはいいかも。なんだか胃壁にしみそう。
[PR]



by gesotoku | 2007-06-23 12:04 | 池袋ラーメン戦記

オリエンタルカレーダイナー池袋店

サンシャインシティ・アルタのレストラン街に「オリエンタルカレーダイナー」がある。「オリエンタルカレー」は名古屋発祥のレトルトカレー。「ハヤシもあるでよ!」のCMの会社、と聞けばアァと思い当たる人は多いのではなかろうか。世代はバレるが。「ダイナー」はその直営カレースタンドである。

うーん、出てくるのもレトルトカレーなんだろうか? と最初は思っていた。この手の店ってのは味も一律で、せいぜいトッピングがちょこちょこあるだけ、とかなんだろうなぁ……とあまり期待していなかったのだが、どうもそうではないらしい事に気づく。

a0002735_20382153.jpg

いわゆるスタンダードっぽいカレーは「オリエンタル」「チキン」「ポーク」「ビーフ」なのだが、
一律ではなく各々ちゃんと独自の辛さ・味付けになっているらしい。
そのほかもなかなかに本格的な、手の込んだメニューがちょこちょこ目立つ。
中でも「牛すじ黒カレー」というのが非常にユニークだったので、今回はそれを注文してみた。
真っ黒なカレーソースに長ネギがトッピングされている。刻みネギと牛スジってぇと煮込みとカレーを食べてるような気分にさせられるが…。あんまりにもメニューの写真が真っ黒だったので、せめてものでチーズをトッピングしてみた。

で、食べての感想。量的に見た目は軽めなんだけども、結構ボリュームを感じる。
カレールウもなかなか!イカ墨のコクと牛筋のコクがじんわり濃厚で、レトルトカレー屋という先入観がバギャ~ンと裏切られた。いや、うまいよコレ。

a0002735_20382281.jpg


なお、カレーを頼むと必ず「チャツネ」がつく。コレを見逃してはならない。
「二種類のチャツネをお好みで入れて、お客様オリジナルの味をつくりましょう!」
というようなことらしい。フルーティチャツネ、スパイシーチャツネの二種類。
ちょっとずつ混ぜながら食べると味の変化を楽しめられ、飽きずに食べられてこれも面白い。

営業時間 11:00~20:00
〒171-0014
東京都豊島区東池袋3丁目1-3サンシャインシティアルタ B1
TEL:03-5985-1360

詳細はこちら
[PR]



by gesotoku | 2007-06-18 08:54 | グルメ

立ち飲み

みつぼ

池袋を東口に出て、ジュンク堂書店とスターバックスの間の小路を遮二無二突き進むと、やきとん『みつぼ』がある。

細いU字カウンターと、テーブルがいくつかの小さい店だが、夕方にはサラリーマン連れで賑わう名物店だ。やきとんも美味いが、煮込みがお勧め。ネギがたっぷり掛かったところに、下品に七味をガンガンかけて食べるのが作法。
ここはおなじみ庶民の味方ホッピーが出る。既に焼酎を割ったものでも出てくるが、頼めばきちんと焼酎とホッピーの瓶のセットで出してくれる。都会の裏手でひっそり昭和風情を味わう。小粋な飲み方ではなかろうか。


かぶらや

みつぼを超えて、通りに出たところを左に折れて突き進んだ所に「かぶらや」がある。
外にドラム缶が張り出してあって、夜風に当たりながら食べるのもいい。

また、ここは何といってもレバサシがうまい。これをゴマ油のタレに絡めて食べる。ぷりぷりと絞まった小豆色の肌を噛むと、甘く濃厚な香りが口いっぱいに広がる。後味が消え入らない内に間髪入れずビールでガーッと流し込めば、喉の奥から美味しい悲鳴があがる事ウケアイ。

やきとんはどれも抜群に美味い。しかも全品70円。どうやってこの低価格帯を維持していられるのか。聞く所によると、毎日朝イチで市場に繰り出して直接仕入れているそうな。原価を抑え、かつ鮮度も抜群。店主の苦労とこだわりに頭が下がる。下がったついでにもう一杯。感謝の心をこめてガツ皿をもう一丁。

ラーメン『屯ちん』のあるビルの2Fに2号店が出来た。こちらは完全に店内席だけだが、ゆっくりしたい派にはこちらもお勧め。
[PR]



by gesotoku | 2004-02-12 12:04 | 立ち飲み

池袋界隈を裏からうろつきまわるブログ。雑談も多め。
by gesotoku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新のトラックバック

幻のらーめんを求めて!?
from いはらblog
ここが変だよスターバックス!
from こっそり楽しむラテンオタクの..
焼焼ソバ 黒ナベ@南池袋..
from ラー部通信

池袋関連サイト

~池袋関連リンク~

豊島区タウン



ファン

ブログジャンル

画像一覧